社長ブログ

健康快適気流を実現する

社長 自己紹介へ

健康快適気流を実現。とは日本一「空気がキレイな家」を目指すIAQハウスのキャッチコピー

2013年、IAQハウス愛知県春日井工場見学  コチラ参照

IAQハウスでは換気について

《多くの企業が取り組んでいるのは「排気」の部分であり

室内の有害な物質を排出することが中心となっている。それに対してパナソニックは給気

給気の臭いを抑制し「健康快適気流を実現する循環」に取り組むことで

他社とは異なるIAQ製品の提案ができる。》以上 

健康快適気流を実現し 日本一「空気がキレイな家」を目指すとはいえ

やはり建物と一体で換気システムを開発できない換気メーカーの限界を感じましたね。

なぜ、換気のプロが「これしかない」と言いきるのか? ゼヒもう一度こちら

,

ここところ涼しい、体感ハウス2棟を日々比較していますが

エアコンなしだと肌寒く感じる⑴と エアコンなしでも暖かい⑵ 

そのわけは建物の大きさにかもしれない。

35坪ほどの建物は快適な温熱の維持が比較にならないほどラク

スマートヘムスは体感ハウスには便利で、

いずれ空気環境をリアルタイムで発信できるかもしれない。

これまで体感ハウスではエアコンをOFFにすることがなかった。

その理由はエアコンと換気の風がドッキングすると6~8倍アップする『風量』

そのを感じない大風量の魅力をお伝えしたかったのだが

生活していない体感ハウスでは大風量は不要で

梅雨時や中間期はエアコンOFFがちょうどいい

本日も夜の外気は湿度90%超え、18℃と涼しい、それでも室温は23℃ 左端は床下の空気

 

参照記事  ●ホテルライクな暮らしが現実になる

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

記事一覧

1ページ (全125ページ中)

ページトップへ