社長ブログ

社長 自己紹介へ

換気とは!建築知識と全く異なる難しい分野

家の最重要部換気』‥実はたいへん難易度が高い。

とても重要なことなのに、換気の基礎知識がどこからも入ってこない、知らされない

問題はここですね!!ですからお客様に換気を解りやすくご説明しようとしても

逆に混乱させてしまう。それでは私の換気説明を聞くお客様は、苦痛だったかもしれません。

水戸市にSA-SHEの家を新築したO様からのお便り

家造りの専門家が換気メーカーが、『換気』まるで分かっていない。

何で?何で?でしたこの24時間換気の問題点を

全てクリアする“SA-SHEの家”であった。これしかないな!と評価されたO様は

換気を知る『原研』原子力研究所の技術者でした。

私が家を建てるにあたって、いくつかの条件がありました。
①、外断熱であること (冬暖かく、夏涼しい)
②、優れた換気装置が設置されていること
③、シロアリ防蟻対策が優れていること (薬剤は使いたくない)
➃、良い工務店であること   ⑤、地震に強いこと

分かったつもりで換気に取り組むとクレームの山を築くことになります。

●エアコン一台による全館空調、冷暖房のクレーム

エアコン一台での全室冷暖房のクレームが続出、裁判事例もでている

原因は換気の風量不足だった。

 臭い混合防止の原則を無視する風量不足な24時間換気

不快な臭いを室内にばらまくことになってしまう

●家には純然たる換気・絶対的な風量が必須な時代

風量測定義務化できない理由は、多くの造り手が換気風量の確保が困難だという現実。

10項目ある性能表示のなかで唯一、未解決は空気環境

 

 ●新居に入っての失敗談と感謝のお便り


参考記事

  ●省エネ基準法改正で土間コンの無断熱が許容されている。

この意味お分かりでしょうか?土間コンに断熱材を入れなくても良い。

ということですが、玄関土間に断熱材が入っているとタイルが冷たくない

記事一覧

1ページ (全147ページ中)

ページトップへ