社長ブログ

社長 自己紹介へ

換気の酸素カプセル効果

涼温な家の魅力は、なんといっても風を感じない大風量

あれほどの風量を室内に供給しているのだから、酸素量も増え

酸素カプセル効果があっても当然ですが 以下、「住宅と健康」翻訳本では

換気の主たる目的は

我々の呼吸している空気の要素の一つである『酸素』を供給することである。

換気が不十分だと、集中力をなくしたり、眠くなったり、やがて頭痛をおこすことを

我々は知っている。「空気を使い果たしてしまったようだ」とは

スウェーデンでは良く使われる言葉だ。以上

住宅と健康、この本は室内空気について書かれているが、やたら難しく

読まずに放置していた。なぜ難しく思えたのか?それは建築に40年携わっていても

換気、空気の基礎知識が全くといっていいほどなかったのです。

正しい換気についてはどこからも、誰からも知らされず40年建築に携わってきた‥

換気とはそういうものです。 家に何を求めるか。本では

断熱の方法は迷わず外断熱を選択したが、換気の方法が分からなかった。

換気の専門メーカーの講習会に参加し、専門書を買い込んで

猛勉強してみたが 結論がでない。

そんなときに住宅評論家として名高い、たいへん説得力のある一人の人物に出会った。

以上

有能な人が猛勉強しても結論がでない‥換気を独学で理解するには難しい、困難なのです。

●換気とは!建築知識と全く異なる分野

換気ダクトが太く一直線になると、音が消え、風を感じなく、熱を伝えやすくなる。

ここが換気ダクトの不思議なところ!

これからは理屈より直感力

業者は、あぁだから…こうだ、だから…何々という理屈を言いたがる。

理屈よりも、これからは直感力です…直感で良いか悪いかなのです。

不思議とエアコン暖房の「直風の嫌味」がなくなる。なぜそうなるのか、

理論付けは可能だがそんなことをしなくても肌合いが思った以上に良い。 

一般的な換気ダクトは狭い天井裏・壁内のため下の写真のように細い‥

すると音も風もうるさく、給排気の距離が長くなり末端は風量が落ちる。

涼温換気はエアコンの風と換気の風が空気の箱で混合する。チャンバーBOXといいます。

意外に小さな空気の箱です。

ドッキングした風量は霧吹き効果吸引がさらにup

大量の新鮮空気を室内に供給できる。それだけ酸素量もアップすることになる。

お客様からの質問、涼温な家に住んでどこが違いますか?

●体調が良くなり、熟睡できるようになった。

毎晩10回以上も寝起きを繰り返していたお母様が、熟睡できるようになった

利根町のW様はご家族全員(3名)が体調改善

●この家はキレイな空気を買ったという感じ‥

●酸素不足は万病のもと

家の価値は『健康増進効果』が確実にがあること! 

●24時間換気の目的はキレイな空気と酸素の供給

人が一日に吐き出すCO2の量は、下のドラム缶にして40本~50本

住宅と健康、本より

1日の間、我々はおよそ4000㍑の空気を肺に通している

これは巨大な量である。重さで見ると

摂取食事量の20倍以上、摂取水分の10倍以上の空気を消費している。

だから良質な空気の重要性は明らかである。

 

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

         

 

記事一覧

1ページ (全144ページ中)

ページトップへ