社長ブログ

社長 自己紹介へ

考えたくもない、知りたくもないこと…それは結露

以下、女性スタッフ記事より

冬の寒い日、朝結露を拭いても、気付くとまた出来ていて

「拭き取る」という対処ではとても追いつけません。

結露はカビを発生させ、アレルギーなど人体に悪い影響を及ぼします。

そして、更にゾッとしてしまうのが、壁の中に発生する結露です。

この見ることの出来ない結露は、家を蝕んでいきます。知らなければいけないけれど、

知りたくない事。既に家を建ててしまった私にとって、

考えるのを遠ざけたいことでした。以上

女性スタッフは『「いい家」が欲しい。』この初版本を20年前に読んでいた…。

にもかかわらず他社で建てた。

窓の結露を防ぐには、室内に確かな空気の流れがあること

寒い日にはトリプルサッシでも、空気の動きが止まると結露する。

●空気の流れが止まっている換気に‴注意‴

結露をどうにかしたい

知人の話ですが、子育て中の彼女は『結露』がとても苦痛だそうです…

きれいに窓が白くなって(泣) まるで曇りガラスです!

●結露しない家なんてないよ?空気の流れが結露を防ぐ

センターダクト換気の特徴は、風を肌に感じなくても

床から⇒天井に向けて確実な空気の流れがあり、結露を発生させない。 

室内空気は排気の分だけ動きます! 給排気のバランスが良く常に空気が動いている。

建ててから後悔しないように、つくばみらい市「M」様からのアドバイス

新築をご検討中の方へのアドバイスをお願いします。

我が家のお隣さんは新築したばかりだけど、年中窓を開けて換気してるんですよ。

それじゃ快適な暮らしは出来ないですよね。我が家は全く窓を開けない生活が普通になったなぁ、

洗濯物も外に干さなくなったし(笑)。

室内に干した方が、かえってきれいに仕上がりますよね。以上

●長年の想いが叶って「涼温な家」で快適に暮らす

数年前から妻が、書店で買った「涼温な家」(松井修三著)を熱心に読んでいました。
“住み心地のいい家に建替えたい!”という想いがあったようです。

●涼温な家の住み心地感想はこちら

「涼温な家」は、いつの季節でも 空気が爽快で美味しいですね。

記事一覧|気密と断熱

1ページ (全29ページ中)

ページトップへ