社長ブログ

防湿層?それはどっちでも同じだ!

社長 自己紹介へ
2019/12/30(月) 気密と断熱空気と換気

 家に何を求めるか、本に書かれている以下の意味お解りでしょうか?

どっちでも同じだ!

「詭弁」ということばがある。一見正しそうに見えるがじつは成り立たない議論をいう

「外断熱・充填断熱、それはどっちでも同じだ。施工さえきちんとすれば」

ある学者が言い出したこの見解は、住宅業界だけでなく

ネット上でも通説となっているが、まさに詭弁である。

まるで異なる方法なのに性能の数値が同じであれば、外から貼ろうが、内に充填しようが効果として

同じだというのだから。

「施工さえきちんとやれば」とは完璧な施工を行えばということだ。

現実には、グラスウール充填断熱工法の施工マニアル通りの工事は複雑で厄介過ぎる。

気密性を確保し、内部結露を発生させないためには、外断熱の方があるかに施工が簡単で安全だ。

外断熱の施工のまずさはその場で露見するが、充填断熱では、それが分からない。

室内側で行われているし、防湿層があるために内部結露や雨漏りによる被害という最悪の事態は

住んでからも気づけない。 以上

外断熱の完璧な『防湿層』は内部結露による最悪の事態を防止できる。

 内部結露は構造材を劣化させる危険だけでなく、最悪の事態とは?

壁内や床下のカビ菌が室内に侵入し、室内空気のカビ菌の量を増やしてしまう健康被害です。

結露・カビ・ダニの相関関係を忘れてははなりません。結露が増加すればカビダニも増加する。

建物は壁内のカビ菌を壁内だけに閉じ込めておくのは不可能。

カビ菌の侵入経路はコンセントの僅かな隙間だけではありません。

細菌とほぼ同じ大きさのカビ菌にとって室内と壁内は意外にもツーツー

以下、関連記事

●防湿層はその期待される役割上、施工を完璧に

浴室のある北面の断熱材は乾きにくい、綿状断熱材の多くは結露水を含み黒く変色している。

 

●充填断熱のシートによるベーパーバリアは施工が非現実

シートですき間なく施工することなど現実は困難だし、薄いシートは化学変化でやがて性能が落ちる。
◆素直に外断熱にすれば、確かな防湿層が簡単にできるというのに‥!

●咲き乱れる新法、10年後は憤りと後悔‥

これから家を建てようとする人が最も警戒し注意すべきことは
「 性能表示」「完成保証」「 欠陥保障」をする。「長期優良住宅」「 自立循環住宅」
CO2 オフ住宅である。というような営業トークに感化されて
肝心な「構造」「断熱の方法」「依頼先」 の選択をおざなりにしてしまうことです。

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

      

 

記事一覧

1ページ (全137ページ中)

ページトップへ