社長ブログ

社長 自己紹介へ

断熱・防湿層‥それはどっちでも同じだ?

2021/03/31(水) 気密と断熱空気と換気

建物の構造に関心を持ち、結露から家の腐食を防ぐ防湿層』

正しいべーパーバリアを知ってください。最も多く使用されている薄いフィルムによる防湿層

このフィルムがやがて機能しなくなる‥としたら、心配ではありませんか? ココ重要

●防湿フィルム、透湿シートに‴警報‴ 

スウェーデンからのショッキングな報告。

以下、「いい家」が欲しい。本より抜粋

高気密・高断熱の先進国であるスウェーデンの国立試験研究所は

このフィルムが熱とアルカリによって劣化することを突き止めたというのです。

その劣化と家屋に与えた影響は

①10年前後でフィルムは破れ機能をはたしていない。

木材が腐り、カビが生えている。フィルムがボロボロになり

フィルムに打たれたクギの錆が劣化速度を早めた。以上

外断熱の高気密性能こそ、最も確かな防湿層である

水を含まない外断熱は、最も確かな防湿層であり

あるときはPM2.5・花粉・黄砂を含む外気から家族の健康を守る『シェルター』になる。

スギ花粉、髪の毛とPM2.5の大きさの比較(写真は東京都ホームページより引用)

スギ花粉、髪の毛とPM2.5の大きさの比較(東京都ホームページより引用)

防湿層はその期待される役割上、施工を完璧に!!

●ぶっちゃけた話、吉建が一番‥断熱材の気密

●中国発「黄砂」に気を付けろ…

防湿シートの耐久性ショッキングな報告

  家に何を求めるか下の意味お解りでしょうか?

どっちでも同じだ!

詭弁ということばがある。一見正しそうに見えるがじつは、成り立たない議論をいう

「外断熱・充填断熱、それはどっちでも同じだ。施工さえきちんとすれば」

ある学者が言い出したこの見解は、住宅業界だけでなく

ネット上でも通説となっているが、まさに詭弁である。

まるで異なる方法なのに性能の数値が同じであれば

外から貼ろうが、内に充填しようが効果として同じだというのだから。

施工さえきちんとやればとは完璧な施工を行えばということだ。

現実には、充填断熱の施工マニアルは、複雑で厄介過ぎる

気密性を確保し内部結露』を発生させないためには

外断熱の方がはるかに施工が簡単安全だ。以上

●咲き乱れる新法、10年後は憤りと後悔‥

北面の壁内は乾きにくい、外壁の下に隙間があり、普通は写真のように見えません

●怖いもの、それはカビだ!

カビが10円玉程度の大きさにの上に数億個の胞子をつくる。下は弊社の建物ではありません

記事一覧

1ページ (全148ページ中)

ページトップへ