社長ブログ

この本を読んでから建てる人は、幸せです。

社長 自己紹介へ

家に何を求めるのか  

この本は、どこを開いてもどこにもウソがなく『真実』のみが書かれている。

健康長寿の時代の家づくり

それは、100歳までは健康で長生きできるという前提で。家づくりに取り組むべきだということである。

子育てが終わり、定年が過ぎると第二の人生が始まる。人生総仕上げのステージの幕が開く

第二の人生の舞台は、冒険家や特殊な才能と体力に恵まれた人でないかぎりは、わが家である。

80歳を過ぎたら、一日のほとんどの時間を家で過ごすことになる。

そのときになって、本当に建てておいてよかったと思えるのが、上質な「住み心地」の家である

『まあまあ』ではダメだ。

なぜなら、住み心地に対する感受性は成長するものであり、

ちょっとした不満がストレスとなるからだ。以上

 住み心地に対する感受性は成長する。

近頃は二棟の体感ハウスを比較していてよく解る。住み心地への感受性は成長します。

とくに臭いに敏感になる。風を感じない『大きな風量』のある家‥

いい空気環境の家に住んでいると、臭いのストレスが解るようになる。

●生活臭は心身に悪影響を及ぼす‥

臭いは心身に悪影響を及ぼす‥本人は不快に感じていないようでも、
実際に脳波を調べるとにアルファー波が減少している。
また住宅に染みついた匂いは取り除くことが難しく
同じ住宅に住み続ける限り、毎日身体に悪影響を及ぼし続けるといった怖さがある

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

      

 

記事一覧

1ページ (全132ページ中)

ページトップへ