社長ブログ

家造り‥何が本当なのか分からなくなって!

社長 自己紹介へ

いろいろな住宅会社の話を聞いているうちに何がなんだか

何が本当なのか分からなくなって!という人は多い、

まずは以下の⑩項目を知ってください。

①、断熱の方法、外断熱は省エネだけでなく、構造内部の結露を防止する確かな方法でもある。

②、本格的な換気システムと簡易型換気の違いを知る。
本格的換気の普及はイギリス10%、ドイツ30%、日本はイギリスと同じかそれ以下?
換気とは大きな空気清浄機であり、外気を濾過した清浄空気(酸素)の供給である。

③、エアコン一台による全館空調と個別エアコン。各部屋にあるエアコンのメンテナンスは?
エアコンがタバコ以上に害のある空気を吹き出すようになったら、怖いですね

④、シロアリ対策に薬剤を使用するか、薬剤を使用しない物理的防蟻にするか

⑤、断熱材の高気密を追求せず、中気密で良しとする。弊社は徹底して高気密にする。

⑥、同じ外断熱でも気密を簡易な方法にするか否か。

⑦、建物の最重要部である防湿層を知る。防湿層を疎かにすると屋根裏の結露を防げません。

北面の壁内は必ず蒸れます。壁内結露の防止には必ず外断熱と併用すること!

⑧、従来の基礎では水浸みを抑えられません。基礎は防湿基礎にこだわる

水しみのない防湿基礎、基礎一体打ち工法があることを知ってください。

これまでの基礎は基礎2回打ちと言って、下のイラストように緑色の基礎底盤と青色の立ち上がり部は

くっ付いていない、鉄筋とくっ付いているだけです。そのために水染みがあり、横からの力に弱い!

●基礎ESB工法ってどんな工法

⑨、充填断熱の熱橋(ヒートブリッジ) 木は断熱材ではありません

柱・梁から逃げる熱損失は20%とも試算される。

高気密高断熱の家が中気密だった‥残念で残念で

⑩、構造内部の結露湿気排出を以前のように自然通気に任せる‥

床下から入る外気はいかなる外気か?泥水で行水を浴びるがごとし

建物は越境汚染や排ガス‥SPMを含む大気汚染から家族の健康を守るシェルター化こそが重要。

●中国の大気汚染じわり

越境汚染の話を中国でするのはタブー、大ブーイングだそうです。
汚染の元は日本の外にあるので対策は難しい、個人の努力が必要な時期に来ています。

●外断熱を伝える朝日新聞「天声人語」

窓のように見える結露よりも、壁の内側の見えない結露の方が
問題が大きいのだそうだ。そうした結露を防ぐ方法としての外断熱という耳なれない言葉を聞いた。

 ●高齢者の病気が良くならないのは家にあり

親世代は「寒さ暑さを問わない自然共生の家」に育ったため、
今の四季快適な家を知らない。高齢者の負担となる家の怖さを知らないでいます。


 四季快適

空気の質感・気持良さが画期的に向上、冬の暖かさ・夏の涼しさは言うまでもなく、

梅雨・秋の長雨時のさわやかさは感動的だ。

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

         

 

記事一覧

1ページ (全138ページ中)

ページトップへ