社長ブログ

個別エアコンと『パッケージエアコン』の風

社長 自己紹介へ
2018/12/18(火) 空気と換気

寒くなってきて、ようやく住み心地体感ハウスの真価が発揮できる季節到来‥

寒い日に、エアコンの風を感じないマイルド暖房『涼温な家』を体感してください。

個別エアコンの風はどんなに微量な風でも気になるものです。

以下「涼温な家」本より抜粋

エアコンの風

断熱性能の優れた家では、エアコンを連続運転して床・壁・天井をほぼ同じ温度にすれば、

風量を弱にできるのであまり気にならなくなるはずだという専門家の意見がありますが

私は気になります。

自分が不快に感じるものを、お客様にこれしか方法がない、は不正直ではないか

上質な住み心地を追求するかぎり、エアコンの風問題をなんとかしても解決しなければと

常々考えておりました。ようやくその一心が実ったのです。

以上

風量を弱にできるのであまり気にならなくなるはずだという専門家の意見。

ですが、なんでも比較しないことにはわかりませんね。エアコンはどんな弱運転でも

どんなに僅かな風でも気になる、気になるようになります。

エアコンの風にそれほど敏感でなかった私でも涼温エアコンと個別エアコンを比較して

初めて気付いたのであって、そうでなければエアコンはどこでもこんなものだろう‥だったでしょう。

体感ハウスで個別エアコンを使用する唯一の部屋はグリーンテラスと称す吹き抜けの空間

明るい大空間は解放感があっていいものですが

いくらエアコンを微調整しても風をなくすのは不可能だし…なんといっても暖房の質が違う

換気の風とエアコンの風が混合するとマイルド涼温になる。その違いは男でも肌で感じる。

エアコン風のない暮らしをしていると、ほんの僅かな風でも気になるようになります。

もう一点、個別エアコンは各部屋と廊下の温度差だけでなく

PACエアコンと比べ温風が吹き出しているときと、温風が止まっているときの温度差が大きい‥!

温度差がなくエアコンの風を感じない暮らしはまさにホテルライクな暮らしといえる。

グリーンテラスは全面ガラス張りなので、温室効果もあって日中はエアコンOFFで使用している。

15年目になる体感ハウスですが明るい大空間はお勧め、ただひとつ気になる冷暖房の空気感

もしも涼温な家の冷暖房を知らなかったなら、何の疑問も抱かない快適空間だったことでしょう。

 【関連記事】

●長年続いた原因不明の咳は家のせい?

●高齢者の病気が良くならないのは家にあり。

●あるときは越境汚染‥黄砂から家族の健康を守るシェルターの家となる。

黄砂は花粉の粒子よりも小さいため、肺に入り気管支喘息、内臓疾患を誘発します。

●中国の大気汚染‥ジワリ

●エアコン一台による全室冷暖房のクレーム。多発する理由とは?

●涼温換気は究極の暖房機になり得る。5年前の換気研修より

 ●ビジネスホテルのエアコン暖房は最悪

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

記事一覧

1ページ (全122ページ中)

ページトップへ