社長ブログ

社長 自己紹介へ

換気システムは高気密の技術が‴絶対条件‴

換気は高気密という技術を絶対条件としている。

隙間のある穴の開いたストロー状態の建物では

計画どおりに空気は動きません!ここをご存じない人は多いと思う

なぜなら
国と造り手のほとんどが換気に関心を持っていないから‥だそうです

●必要換気量を満たす換気は全国で数%もないその理由は

機械換気の問題だけでなく気密問わない建物が原因なのでは?

スウェーデンのように国民の健康を国策とする国は

下の本を用いて、住宅会社向けに換気の重要さを指導している。

またマスコミでも室内の空気汚染を頻繁に取り上げるので

建築関係者以外の一般市民が驚くほど換気に詳しい‥と書かれている。

化学物質の増加 なぜ換気が重要か‥

●不適切な換気によってもたらされる健康被害

3人に1人ぐらいの割合で家族の中に喘息、アトピー性皮膚炎アレルギー性鼻炎

花粉症などで悩んでいる人がいる。

これらの健康被害は不適切な換気よってもたらされているのです!

以下、 さらに「いい家」を求めて 本より抜粋


高気密と換気は車の車輪と一対のもの

高気密でないと計画どうりに空気は動きません。

人間が、気持ちよいと感じる根源は空気にあるとつくづく思う。

どんなにデザインやインテリアに優れ

性能評価が満点で、省エネルギーで長持ちする家であっても

空気がよどんでいたり、臭いに悩まされるようでは住む気になれない。

これから建てる家は長期優良住宅の認定を受け

瑕疵担保保険の適用を受けるわけだから、長持ちすることは間違いない。


しかし、いつまでもきれいな空気を安心して吸える家であるとは限らない。

なぜなら、国と造り手のほとんどが換気に関心を持っていないからだ。

換気は難しくて厄介だ。法律に適合さえしていればいいいではないか、と考えているのだ。

そのような考え方でつくられた家に住んだのでは大損をする。

住み心地の悪さは仕方がないとして、健康被害は我慢することではない。



あなたは依頼先にこう問うべきである。きれいな空気を24時間保障してくれますか?

その保障に納得が得られないでは、家造りをスタートするべきではない。
以上

 断熱材入りパネルの接続部‥隙間を知る

断熱材入りパネルは地震を繰り返すうちに、パネル接続部の隙間が広がってくる。

龍ヶ崎事務所はパネルに沿ってヒビが入り外壁を2回塗り替えた。

記事一覧

1ページ (全153ページ中)

ページトップへ