社長ブログ

空気清浄機が室内空気汚染の元に…

社長 自己紹介へ
2019/04/08(月) 空気と換気

窓を開けない生活が現実になっていますね…大手ハウスメーカーでも同じような説明をするらしい。

窓を開けない暮らしが普通になったなぁ‥とは、つくばみらい市にお住まいのM様

そうなると空気のキレイな家が住まいの絶対条件になる。しかし現実は放置される換気フィルタ―

アフターメンテナンスされない換気装置 以下「涼温な家」本より抜粋

マスコミは、PM2.5の健康被害を取り上げるならば、
同じように「アフターメンテナンスがされない機械換気の問題」を取り上げるべきです。
天井付きの換気装置の場合、高齢者にとってフィルターの掃除や交換はほぼ不可能です。

在宅医療・介護を目指すならば、省エネの前にまず空気を問題にすべきです。
機械換気の取り付けを義務付けたのは国なのですから、
そのアフターメンテナンスに対しても国が監督・指導の責任を負うのは当然です。以上

日本は水の文化は進んだけれど、空気の文化はまだまだこれから‥以下の本も参照

本当は知らない空気の危険 仁科剛平著

空気清浄機に頼ってはいけない

空気清浄機に頼ってはいけない以下 仁科剛平著より

最近は一般の家庭でも空気清浄機を見かけることが多くなりました。
空気に対する意識の高まりの表れともか言えますが、過信するのは禁物です。

空気清浄機は、除去できる物質を確認して購入しましょう。
粒子状物質を吸着分解できる機種は病院などで使われる業務用が多く、数が限られています

また、粒子状物質・化学物質ともに、除去機能をうたっていても消去することができるものは少なく
吸着し捕まえておく機能のものが多いので、フィルターの清掃が必要です。

「除去と消去は違います」 一酸化炭素に関しては、いかなる機種も除去できません。

空気清浄機のフィルターも空調機と同じくまめに掃除をすることが必要です。
掃除をこまめにしないとフィルターが吸着した物質が最飛散してしまいます。

エアコンのフィルターのほこりは掃除機で吸い取るか。水洗いをします。
冷房や暖房のシーズンが終わったら4時間送風運転して内部を乾燥させることが大事です。

空気清浄機をつけているからといって、換気をしないのは室内の空気汚染の元になってしまいます。
なかには、マイナスイオンの発生を特徴にしている機種がありますが、
イオンにさらされることで人体によい影響はないとの意見も数多くあります。
イオン結合により有害なオゾンが発生することもあり、未知な化学反応もあるという報告もあります。
私たちができる室内空気の浄化は、汚染物質を取り除くことだけです。以上

ルームエアコンは夏の冷房使用後、多かれ少なかれ必ずエアコン内部にカビが発生します。

PACエアコンは適宜「送風モード」になるのでカビが発生しにくい。

 ●エアコンのフィルターも換気フィルタ―も清掃の容易性できまる。

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

記事一覧

1ページ (全118ページ中)

ページトップへ