社長ブログ

社長 自己紹介へ

断熱材の『隙間』をなくせ!

建物の気密測定検査『C値』坂東市で建築中のM様邸

気密測定結果はC値=0.15cm2/m2、『0.15』この数字は知る人ぞ知る、ハイレベルな測定データ。

涼温な家の高気密性能は外断熱によって造られる断熱材の『気密』測定値であり

構造内部を生物劣化(結露・腐食)から守る"防湿層"の測定値でもある。

気密の良くなった建物は防湿層良し悪しが最重要部!

弊社は28年前から断熱の高気密と防湿は一貫しての施工で、ここは自負すところでもある。

水と空気を通さない板状の断熱層は、それ自体が最も安心安全な"防湿層"なのです。

体感ハウスではバラの花が満開の季節をむかえた。

以下「いい家」が欲しい。本より

住み心地のレベルは、数値やグラフでは表現できないとしても
気密測定の数値で推察することができます。
施主様立ち会いの気密測定検査は、住み心地を大切にしようという造る側と住む側との
合意の現場検証である。以上

 関連記事

●日本の断熱・気密性能は先進国で最低水準

欧州では、結露が起きると施工者は責任を問われます。
つまり、結露が生じることのない気密・断熱性能が要求されている。

●薄いシートによる防湿層の不都合な真実

●内断熱と外断熱の違いを知るのは困難ですか?

SUUMOスーモカウンターと外断熱

●これから求められる完ぺきな防湿層!

 ●充填断熱のシートによる防湿層は全く非現実

施工マニアルが複雑すぎてやれない、大工さんはそんな手間もらってないよ!

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

         

 

記事一覧

1ページ (全141ページ中)

ページトップへ