社長ブログ

社長 自己紹介へ

家造りに失敗しないため、正しい断熱方法を知る

2021/12/01(水) 気密と断熱空気と換気

正しい断熱方法を知ってください

屋根断熱・壁断熱基礎断熱の正しい断熱方法を知る。

基礎内断熱ではボルトの結露を防げないが、基礎の外断熱は金物の結露を防止できる。

ヨーロッパの先進国では基礎の内断熱は建築物理の非常識とされている。

基礎内断熱による金物被害、腐朽菌のなかには金物を溶かすシュー酸をだすものがある。

写真は日経ホームビルダーより、ほかの現場でも、いくつかボルトの腐食が見つかった。

下は他社の屋根、屋根材の下に断熱層も通気層ないお知らせしたいのはココ

私がこれと同じ施工をしたのは、外断熱が普及する30年以上も前になる。

現場監督見習いの頃、築1年の屋根が結露で腐食するのを見て、ショックを受けたものです。

以後、屋根の外断熱に特化し今に至る。

 体感ハウスに見えたお客様によると、散歩中に見かける屋根のほとんどは上の写真だそうです。

上の写真が一般的であっていいわけがありません。下は2021年、建築中の屋根

多くのビルダーが屋根の結露腐朽を承知しつつも、なぜ無関心なのか? 

それとも無関心を装い、知らないフリをしているだけだろうか?

だから「いい家」を建てる。このシリーズ本が指摘しているように

大手は大量販売を優先し、家の耐久性が短いことを密かに歓迎する。

きつい表現かもしれないが、本音はココにあるとしか思えない!

そうでなければ説明のつかない屋根の欠陥、10年もすると屋根はブカブカだよ

ベテラン大工のウソのようなホントの話。 

 屋根の結露と腐朽は外断熱と通気層簡単に防止できる。少々工期とコストがupしますが

結露防止には、水を含まない断熱施工も簡単で最も安心できる。

 天井裏に厚さ30㎝の断熱材を、敷き詰める工法があるそうです。

充填断熱で良ければ価格は下がります。しかし天井裏断熱

いくら頑張っても気密が取れません。隙間からはが逃げる

天井裏を覗いてください、断熱材・ダクト・配線でゴチャゴチャなっていませんか。

見たくもない天井裏であってはなりません。家の良し悪しは床下と屋根裏で決まる。

屋根が泣いている。小屋裏に黒い結露水。写真は日経BPメールより

まさか「家が腐る」日本経済新聞の警告、まさか

100ミリ断熱にすると、壁の中は全て埋まり結露は乾きにくくなる。

早すぎる腐朽の多くはこうした断熱住宅だという?水を含む断熱材にくれぐれも注意!

国の住宅政策は人を幸せにするものではない

日本の断熱気密は先進国で最低水準、欧州の半分ほど

欧州の先進国では日本と違い、結露は施工者が責任を問われる。当然ですね

おざなりな断熱の隙間が性能を打ち消す。断熱材の『隙間』を徹底してなくせ!

以下ネットで見つけた記事、より

高気密高断熱の家が中気密だった‥残念で残念で立ち直れません
部屋の中は20℃と寒くてしかたがありません。
お風呂から上がっても脱衣所は13℃しかなく震え上がる寒さでした。 
ハウスメーカーを訴えるつもりはありませんが、せめてこの現状を伝えて
何らかの補償してもらいたいです。以上    
とならないように!

記事一覧

1ページ (全150ページ中)

ページトップへ