社長ブログ

余力ある冷暖房、余力ある換気

社長 自己紹介へ

雨が続きますね、体感ハウス(Ⅱ)夜間はエアコンOFF、朝の外気が19℃ 室温23.2~23.7℃

梅雨の雨、外気湿度が99%なので換気の『除湿力』だけで67%は十分に合格と言える。

もしかして、熱交換換気に『除湿力』があるのをご存じない人が多いのでは?

カナダでは除湿効果のない熱交換換気は使用禁止です‥

年間を通して「湿度」をチェックしていますが、1年間70%前後に維持できる家がそうそうあるとは思えない。

7月4日 外気温24℃ 雨の朝、エアコンが稼働すると湿度56%になる。

涼温な家はPACエアコン操作で空気環境が簡単に変化します。

最適湿度帯を維持し、湿度80%以下だとカビの増殖を大巾に抑えることができる。

体感ハウス2棟の温熱を連日比較していますが、35坪の建物は維持管理が楽ですね~比較にならないほどラク

センターダクトはトンネル工事の技術者原子力研究所のお客様、クリーンルームを知る換気専門家は

理屈で理解できるという。理屈だけではなく、ぜひ梅雨時の爽やかさを直感で体感してください。

以下「涼温な家」本より抜粋

涼温な家はエアコンの風が嫌いで、冷暖感が肌に合わないと感じ、空気の質にこだわる人に打ってつけです。

一般的に行われている全館空調とは冷暖の質感がまるで違ったものになります。

冷暖感が和らぎ、日本人の肌に合うマイルドさが特徴です。

あくまでも換気が主で冷暖が従という関係ですから梅雨時や中間期にもこれまでに全館空調にはなかった

爽やかさが得られるのです。以上

 

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

記事一覧

1ページ (全125ページ中)

ページトップへ