社長ブログ

社長 自己紹介へ

換気システム『熱交換換気』の効果4℃

熱交換換気と普通換気で室温4℃の違い

体感ハウスではコロナ禍のため、熱交換換気から『普通換気』に切り替えていた。

ところが中間期には気付かなかったのだが、冬の寒い日になると24℃の設定が20℃にしかならない。

エアコンの故障??ではなく、原因は普通換気だった。

熱交換換気から普通換気に切り替えただけで4℃も違ってくる。

涼温換気の熱交換率は、エアコンをONにすると90%を越える。

『弱』運転だと95%を超える。一年のほとんどは弱運転‥出力40%で済む。

換気の熱交換率は機器の大きさに比例して良くなり、大きくなるほど熱交換率が良くなります。

ダテに機械が大きいのではありません。換気装置は大きくても省エネ、一ヶ月の電気代は800円ほど

 エアコンの省エネ性能は今以上は進化しないのでは?とも言われ

これからの省エネ住宅は、ヨーロッパ並みに換気の熱交換率が問われることでしょう

 下はコンパクトなダクトレス換気、熱交換率95%だというので試験的に取り寄せてみた

涼温換気と比べると、イージーで簡易的すぎます

換気フィルター(赤丸)は薄く、一般的な中性能フィルタ―がありません。

今の外気汚染に対処するには、中性能フィルターから高性能フィルター標準化すべきだ‥という時代

にも拘わらず、フィルターが無しに等しく!

フィルターは小虫を侵入させないための祖塵フィルター』でしかない。

ダクトレス換気はまさにシングルルーム用の簡易換気と言える。

関連記事

●ダクトレス換気インベンターは究極の換気?

ドイツも日本もメーカーはどこも同じ、売れるものなら何でも造ります。

●設置したら最後、比較できない24時間換気…ココが問題

●宿泊感想‥今までの宿泊体感ハウスで一番快適でした。

大手ハウスメーカーの宿泊体感ハウスと比較して、涼温な家のほうが良かった‥

その理由は熱交換換気の違いかもしれない。

●24時間換気の選択が家造り失敗の原因になるかも!

●絶対にあり得ない…熱交換率、世界最高レベルの換気

●温度差と内部結露本当の換気を実感してほしい。

記事一覧

1ページ (全145ページ中)

ページトップへ