社長ブログ

エアコン一台による省エネ全館空調ハウス

社長 自己紹介へ

先日はお客様が千葉県船橋市からスポーツ自転車でお見えになった。

千葉から宇都宮までも行くという本格的なロードバイク乗り、本物のチャリダーですね

 スポーツ自転車は身体全体を使うので有酸素運動の代表選手だそうで

私も近頃はフィットネスジムに凝っていて、有酸素運動のメリットが解ってきた。

トレーニングをする前と後では気分が全く違う‥汗を流すと小さな悩みは吹っ飛びます。

お客様は冬場の宿泊体験をされていて『涼温な家』を理解されている。

お客様と話をしていると大事なことにふと気付くことがあるのですが

先日は弊社周辺の建物がなぜローコストばかりなのか、その真意が解る気がした。

断熱気密を問わない家造り‥というよりも、新築する前に断熱の方法を知らない消費者。

2020年以降に省エネ住宅の義務化が予定されていたが延期になった、当分できないそうだ。

その理由は地域工務店ができないからだと言うが、できないのではなくやろうとしないでしょうね

家造りはローコストのほうが造りやすく簡単で利益がある‥儲かるのです。

下の写真は屋根工事がたった3日で完成する。

弊社ではやってはならない、やれない施工だが建築基準法違反ではありません。

家造りが進化し「いい家」を造ろうとすればするほど、手が掛かり難しくなる。

アフターメンテナンスも全く違ってきます。弊社が「いい家」をつくる会の会員でなかったなら

価格に合わせたローコストの家もできるが、今となっては後戻りはできません。

体感ハウスでは省エネのため節電用のタイマーを設定してみた。

「涼温な家」の 機械は見かけは大きいが、弱運転は40%の出力で8畳用エアコンと同程度

より省エネをアドバイスできるよう節電方法を検証中。これまでの体感ハウスは涼温涼房の検証がメインで

節電は対象外だった。正しい節電を検証しアフターメンテナンスに生かす‥

今年は体感ハウスの電気料金を下げ、エアコン一台による省エネ全館空調ハウスに取り組む。

 

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

記事一覧

1ページ (全120ページ中)

ページトップへ