社長ブログ

ルームエアコンの風はタバコ以上に害がある‥

社長 自己紹介へ
2018/12/01(土) 空気と換気

『涼温な家』は各部屋にエアコンがありません。

部屋にあるルームエアコンの『風』がキレイだと思いますか?

喫煙室と同じようにエアコンに汚されているとしたら‥

「涼温な家」になって部屋のエアコンを全て撤去したので

エアコンの汚れを気にすることがなくなったが、まさか、
エアコンがタバコ同様に部屋の空気を汚すとは知らなかった。

エアコン内部は湿気が籠りやすい、埃が付着するとカビが発生します。

2年に一度の清掃が目安だという、各部屋にエアコンがあったならクリーニングの継続はできません。

タバコ以上に害があるとすれば、もう寝室でエアコンを使う時代ではありませんね‥

エアコンの自動クリーニング機能はフィルターのみの清掃であって、エアコン内部はできない。

そのため無意味なクリーニングだともいわれている、真相はどの程度か?

いま80歳が平均寿命となり、寝たきりにならない100歳も夢ではなくなった。

100歳現役で仕事を続ける健康な人を「センテナリアン」といいますが、毎年増加の一途だそうです。

確実に人の寿命は延びていますが、寝たきりは監獄よりも辛い。 

【関連記事】 

キレイな空気は免疫力をアップする健康への投資。

●中国からの越境汚染や黄砂は想像以上に深刻

キレイに見える外気は錯覚、排ガスに含まれるPM2.5は発ガン物質です。

キレイな空気は本格的な機械換気でしかつくれない時代。

もう一つ、換気の役割は、建物内部の余分な湿気や臭いを排出すること

無垢材、シックイ、珪藻土、自然素材は『換気』には役だちません。

無垢材を強調するビルダーは簡易型換気やダクト工事のいらないノンダクト換気に取り組む傾向がある‥

というよりも、換気の音と排気をよく知らない。音が気になると換気は使用に耐えられません。

風切音の静粛性除湿力、臭い軽減気流を感じない大きな風量、

老後の暮らしは長く辛い‥そうならないため住む楽しみのある家を知ってください。

まずはエアコンと換気装置のメンテの厄介さを知ることです。

★それでもホッポリ投げられるフィルター‥換気フィルター清掃の実態は

エアコンよりもカビ菌をばらまいている‥換気装置のメンテとはそういうものです。

解っていながらも、体調が悪くなるわけでもないし、痛くも痒くもない

しかし肺へのダメージは徐々に蓄積されます。そしてある日突然『肺炎』では?とならないように

肺炎による死亡率の96%が免疫力の落ちる65歳以上の高齢者だそうだ。

日頃から換気フィルターのメンテの容易性を訴えていますが、それは腰高の位置にある換気フィルター

フィルタ―清掃は5分ほで終了しないと長続きしません。

 

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

記事一覧

1ページ (全122ページ中)

ページトップへ