社長ブログ

寒い日に窓を開ける理由は結露対策だった!

社長 自己紹介へ
2019/05/05(日) 空気と換気

建替えたいと思う原因は『換気』にあった‥意図せぬすき間から入るスキマ風、すきま換気‥でした。

外気温5℃でも窓を開けざるを得ない家。新築して間もないのに‥

今だにたくさんある"結露対策"で窓を開ける家。

窓を開けない暮らしが普通になったなぁ‥お隣は年中窓を開けているんだよ!とは

つくばみらい市のM様でしたが、同時期に完成した建物と比較して気付いた"結露"に悩まない家。

換気の役割は余分な湿気や臭いを排出すること‥無垢材、シックイ、自然素材は換気に役だちません。

換気を疎かにするといかに主婦が苦しむか‥換気をシッカリ考えた家はいかに主婦がハッピーになるか、

図書館協会選定図書 さらに「いい家」が欲しい。

 

自然通気を入れるとなんだか部屋の空気がおかしくなる‥

関連記事

●健康快適気流を実現する循環とは
『粒子まで取り除き、きれいな空気が流れる』‥換気メーカーのカタログに書かれていても
室内に吹き出す空気は汚れている。

●寒い日に窓を開けるのは結露対策だった。

●アレルギーは皮膚から‥アレルギー症状の新説

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

記事一覧

1ページ (全127ページ中)

ページトップへ