社長ブログ

社長 自己紹介へ

なぜ家の中央付近にセンターダクトがあるの?


なぜ、建物の中央付近にセンターダクトがあるのか? それはひたすら室内空気をキレイにするため

センターダクトは換気経路の短さにあって、スピ−ディーに汚染物質や嫌な臭い』排気する。

きれいな空気の条件は、汚染空気をいかに短時間で排出できるか否かなのです。

汚染空気が室内に漂っている空気の滞在時間(空気齢)をできるだけ短くする。

センターダクト方式の換気はイギリスの換気メーカーでも数社が取り組み

すでにドイツや中国に輸出されているらしい。 給気とは? 給気口とは?

必要な空気量を屋内に取り入れることを換気用語で給気といい

その吹き出し口を給気口と言う

センターダクトからの大容量の給気は、冷暖房ではなくマイルドな涼温・涼房になる。

建物中央付近にあるセンターダクト住めば住むほど好きになります。

センターダクトは給気から排気までの距離と「時間」が極めて短い

室内空気は本当にキレイでなければならない、空気見えないものへの真摯な挑戦である

 本当にキレイな空気は見えないものへの真摯な挑戦

センターダクトの径がなぜ太く大きいのか?

ダクトが太くなると、ダクトからの給気はエアコンの風を感じず、換気の風、人口の風を肌で感じなくなる。

大容量の空気を隅々まで配り高級ホテルのような『空気と居住空間』をつくる。

発生した汚染はその場で排気され他の空間に流れ込むことは原則的にない。

関連記事

●高級ホテルのようなとイメージされる『空気』

それは高級ホテル同等の『1.0回/h』以上の換気回数を可能にした。一時間に一回新鮮空気(外気)と入れ替わる

●高級ホテルのような居住空間

センターダクトは給気に注意を向けられるが排気=リターンがスムーズでなければならない。

涼温換気は排気口を汚染源の近くに設置して、汚染空気が拡散しないことを特徴とする。

●換気を全く信用していない大学教授

ほとんどの換気システムは必要換気量を満たしていない空気の流れが途中で止まっている

●暑さ寒さ対策は簡単、問題は空気質『カビ』換気だ!

 時の流れは無常迅速、カビに我慢している時間が勿体ない‥人の身体は丈夫にできていてもカビは怖い

カビを吸い込むことで発熱などのアレルギー症状を起こし、風邪と誤る人が多いそうです。

●高齢者の病気が良くならないのは家にあり

 緩やかな空気の流れは家全体を確実に通気し内部結露とカビ生物劣化』を防ぐ。

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

         

 

記事一覧

1ページ (全141ページ中)

ページトップへ