社長ブログ

得をするのは空気への投資‥換気

社長 自己紹介へ

体感ハウスのすぐ近くで新築中の現場は、建物の構造が良くできている。

基礎も外断熱で、屋根も結露対策を考えているように見える。

量産型とは大違いだ、周囲の新築現場は「安普請の家」が増えていると思っていたが

そうとばかり言えないようだ。良くできてる現場を見ても、やはり気になるのは換気』

どんなに構造とデザインが100点満点でも、家の良し悪しは換気で決まる。近頃は

確信をもって言えます‥得をするのはキレイな空気‥換気だ!

ところが換気メーカーお任せで、キレイな空気を造ることはできません。なぜ?

換気メーカーが戸建住宅向けに造る換気装置のほとんどが簡易型と呼ぶものであって

本格的換気ではなかった。

●20年間で5台の換気装置を比較し、キレイな空気を追求

体感ハウスで5年間検証した換気システム、風量は強かったが吹き出す空気が凄く汚れた。
 
フィルターを掃除しつつも、天井クロスが2年ほどで以下のように汚れた。

 
さらに「いい家」を求めて。久保田紀子著では

 キレイな空気は「保障」されなければなりません。

その保障に納得できなければ、家造りをスタートすべきではない。以上

 室内空気のあらゆる汚染物質を排出し、深呼吸できるほどキレイな空気を給気するセンターダクト

換気専門家にこれしかないな!と評価されるセンターダクト換気

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

      

 

記事一覧

1ページ (全134ページ中)

ページトップへ