社長ブログ

社長 自己紹介へ

得をするのは空気への投資‥24時間換気

体感ハウスのすぐ近くで新築中の現場は、建物の構造が良くできている。

10年後、屋根を開けると9割が結露で劣化!と言われている屋根にしても

しっかりと結露対策をしている。大手メーカーの量産型住宅とは大違いだ

安普請の家が増えつつあると思っていたが、そうとばかり言えませんね。

良くできてる建物を見ても、やはり気になるのは24時間換気

どんなに建物とデザインが100点満点でも、家の良し悪しは換気で決まる。

得をするのは健康への投資、 偽りのないキレイな空気への投資換気だ! 

確信をもって言える。

関連記事

●サラサラ空気は換気風量が最大のポイント

外気(新鮮空気)を濾過した清浄空気の『量』が要になる。

臭い混合防止の原則を無視する、風量不足な換気は

不快な臭いを室内にばらまくことになる。臭いだけでなく

インフルエンザのも他の部屋の空気に混じってしまう…

●完成にあたって、換気を知る水戸市O様からのお手紙

私が家を建てるにあたっては、いくつかの条件がありました。

①  外断熱であること(冬暖かく、夏涼しい)
②  優れた換気装置が設置されていること
③  防蟻対策が優れていること(薬剤は使いたくない)
④  良い工務店であること(これは難しい)
⑤  地震に強いこと

特に①と②は必須条件であり、①を満たしている工務店(ハウスメーカー)はいくつもあるが

私の希望する優れた換気装置を有している工務店はほとんどありませんでした。

●エアコンメーカーは、涼温な家のような家を知らない。

世界で5万人の社員を抱える、一部上場の経営者が『涼温な家』に住み

その住み心地を絶賛されている

記事一覧

1ページ (全147ページ中)

ページトップへ