社長ブログ

サラサラ空気とキレイな空気は風量がポイント

社長 自己紹介へ

雨がつづきますね、快適さは温度よりも湿度だった。女性スタッフ共通の感想なのですが

サラサラ空気‥最大のポイントは換気の風量。血液と同じ意味をもつ大きな「風量」

以下、換気研修より

汚染空気の『混合防止の原則』を無視する換気は不快な臭いを室内にばらまくことになる以上

ある一定以上の風量がなければ臭いが混合してしまう臭い混合防止の原則

なぜなのか?換気専門家でなければ説明できませんが、換気研修の講師(石井氏)は明言していた。

換気は奥深く、ややこしく難しいのです!

温度・湿度の混合空気とその量は血液と同じ意味を持つ、新鮮で清浄な混合空気の量

快適室内に必要な吹き出す空気の量『酸素量』は健康増進効果をupさせます

涼温な家は冬暖かく夏涼しい、温度湿度をコントロールできる。

これだけでは他社の全館空調ハウスと変わりません。他社がやろうとしても真似のできないもの

大手の全館空調ハウスにできないものとは、空気のキレイさ…

キレイな空気の最大のポイントは、汚染空気を混合させない絶対的な「風量」

風量が弱かったら部屋間の臭いガスの混合を防げません‥

一般的な全館空調ハウスの弱点は臭い混合といって、他の部屋の臭いが混じる。

風量が弱ければ介護している部屋の臭いやトイレの臭いが他の部屋に混じってしまう…

さらに「ベンチュリー効果」で熱交換率は90%を超える。

ベンチュリー効果とは、霧吹きと同じ原理でPACエアコンが換気風量をアップさせること。

 チャンバーBOX
エアコンの風と換気の風を混合させる空気の箱をチャンバーBOXという

チャンバーBOXで双方の風が混合し大きな風量となり、エアコンの冷気がマイルドになる。

 

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

      

 

記事一覧

1ページ (全133ページ中)

ページトップへ