社長ブログ

社長 自己紹介へ

換気は大きな空気清浄機であり酸素の供給源

室内空気のあらゆる問題に答える!健康で機能的な建物のための基本知識

健康に悪い湿気や有害物質の発散、不十分な換気などの技術的問題の解決方法を学ぶ

不十分な換気とは?スウェーデンでも同じ問題を抱える。

24時間換気は大きな空気清浄機であり、免疫力をアップする清浄空気、酸素の供給でもある。

空気清浄機に酸素の供給機能はありません。

PACエアコンと業務用の換気装置がドッキングすると気流を感じないで6〜8倍アップする大風量

大きな風量は外気の吸引力も強く、室内の酸素量も増えて当然でしょうね。

大型換気装置は数年前に省エネに改良され月800円ほど、1日わずか30円

黄砂の被害が大きい時期は中国の砂漠が乾燥している時期の2月~4月。

日本へ飛散されているPM2.5と黄砂の問題は長期化することが予想されます。

また、大気汚染が緩和されるどころか更にPM2.5の飛散量が増加する可能性があります。

以上 ネット記事

●家にこそマスクをつけるべきだ。

なぜ、家にもマスクをしないのでしょうか ?

それは家の中にはそれらの不都合なものが侵入しないという思い込みがあるからです。

●家はシェルターでなければならない‥

意図せぬ隙間をつくらない外皮性能、体感ハウスは花粉や黄砂、砂埃の侵入を防ぐシェルターの家。

●換気風量や換気回数が設計値を下回っている住宅が続出。

以下「日本住宅新聞」平成23年1月号より抜粋、換気評論家の話 工務店の責任は重大

真剣に換気とは何ぞや、と考えている日本の工務店は、今はほとんどいないんじゃないですか。

換気が義務化になったことで盛り上がるのかと思ったけど、実際は逆。

建築基準法をクリアしていればいい「設備」だということが工務店業界に浸透し、

みんなイージーな方法を取るようになってしまった。以上

狭い壁内、天井裏のダクトを曲げすぎて風量不足。実状はダクトを曲げざるを得ないのです。

センターダクト方式でなければならない理由は狭すぎる壁内と天井裏にある。

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

         

 

記事一覧

1ページ (全139ページ中)

ページトップへ