社長ブログ

「涼温な家」群馬県で着工

社長 自己紹介へ

群馬県のお客様から建築お申し込みを頂いた。

昨年末、埼玉県上里町に完成した『S様』と同じ会社にお勤めで技術系のお仕事。

昨日は「いい家」が欲しい。のシリーズ本を5冊お持ちだというお客様が体感ハウスに宿泊された。

家造りに携わって40年になるが「涼温な家」に住んでみると

よくぞここまで進化したものだ!と感心させられる

空気のキレイさを、ふと実感できるときが一日のうちに何度かあるのだが

空気感は言葉で表現できませんね  以下、家に何を求めるか。本より抜粋

換気効率に優れる涼温な家は換気が「主」で冷暖が「従」となる。

同じ室温であっても空気感が違うのは換気経路が違うからだ

環境工学的には

空気寿命給気から排気までに至る時間が短いほど、換気効率がよく空気が気持ちいいと感じる)

で説明できるようだが、理論・理屈を求めるよりも、まず住み心地体感ハウスで

心ゆくまで体感してみることをお勧めしたい。 換気が「主」冷暖は「従」という空気感は

体感しないことには分からない。以上

 関連記事

●家の耐久年数…? 屋根の悲鳴

檜の斜め板張りは耐震性能を高め、構造内部の『結露とカビ』を防ぎ、家の耐久性を高める

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

      

 

記事一覧

1ページ (全137ページ中)

ページトップへ