社長ブログ

構造内部のカビ・腐食防止と通気性

社長 自己紹介へ

構造体内部の通気』はやればできます。

数年前、大学で建築を教えている教授が体感ハウスに見えて

いくつかの質問のなかで構造内部の通気性が話題になった。

『新換気の家は居室も構造内部も同時に換気します 』と説明すると‥

構造内部の通気はたいへんですよ、必ずどこかに通気の止まる場所、通気が遮断される部分ができる。

確かにそのとうり‥! さすが建築の専門家でした。

どんな工法でも構造内部の通気は、どこかで遮断され通気止まりができる。

なので昔から構造内部は「湖の水の流れと同じ」どこかに必ず空気の流れが泊まるところある。

そう言われてきた。そのため弊社は外断熱を始めた25年前から構造内の通気『連通』に気を配り

涼温な家になる前は自然通気、二重通気工法とTIP工法による構造内の自然通風でした。

それが涼温な家に進化するとセンターダクト換気による構造内部の通気になった。

『床下から壁内、小屋裏まで居室同様に通気止まり、湿気溜まりを造りません‥ 』

TIP 構法耐震と壁内の通気対策であって、これまでの構造用合板なら どこかで必ず通気が止まる。

ダイライトのような通気性のある合板にしても、過信は禁物で壁内の「通気」が必須になる。

構造内部の通気に外断熱の高気密は「絶対条件」ここ重要ですね!外断熱が中気密であってはなりません。

新築する前に断熱材すら見たことがない女性が多いそうですが

断熱の方法によって家がカビ臭くなるか否かの重要部です。どこでも良くやっている筈では?

そうではありません。住宅価格によって断熱方法はいくらでも変わります。ここで価格が動く‥

 構造内部のカビに住む人はいつまでも気付かず、 カビ臭い家になってからでは遅い。

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

記事一覧

1ページ (全121ページ中)

ページトップへ