社長ブログ

家にこそ『マスク』を付けるべきだ‥(Ⅱ)

社長 自己紹介へ

弊社が日頃から訴えているのは『家のシェルター化』 

大気汚染のひどい日には外出を控えても、家の中が安全とは限りません。

気密を疎かにした建物は窓を閉めても外気は容赦なく室内に侵入する。

風の強い日はとくにそうです。弊社では外断熱の高気密にトコトン手をかける。

外断熱の高気密性能は、構造内部に湿気を侵入させないという確かな『防湿気密層』でもある。ココ重要

睡眠用マスク、軽くて薄いマスクがあるとはいえ、マスクをして寝たいと思いませんね‥

家にこそマスクを付けるべき

以下「いい家」が欲しい。本より抜粋 

家の中に不都合なものが侵入しないという、思い込み!

人は、インフルエンザ・花粉・黄砂・PM2.5などが心配なときは、

外出するときに率先して口や鼻をマスクで覆います。

それは健康を守るためであることは明らかです。では、なぜ家にもマスクをしないのでしょうか?

それは家の中にはそれら不都合なものが侵入しないという、思い込みがあるからです。

建物の意図せぬ隙間をできる限り少なくして『吸入口を一か所』に絞り

そこにマスク(フィルター)を付けるならば外気は浄化され、

家の中では健康増進に役立つ気持ちの良い空気を吸えるようになります。以上

供給される空気は屋外より清潔でなければならず、換気の主たる目的は酸素を供給することであり

快適室内に吹き出す空気の量『酸素量』は健康増進効果をupさせます。

【関連記事】

●防湿気密層『ベーパーバリア』ご存じですか?

●換気(空気)の違いはグリーン車と一般車両

●家にこそ『マスク』を付けるべきだ‥意図せぬ隙間をなくせ!

●ぶっちゃけた話吉建さんが一番。気密測定検査

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

         

 

記事一覧

1ページ (全138ページ中)

ページトップへ