社長ブログ

家中を歩きたくなる家

社長 自己紹介へ

体感ハウス(Ⅱ)は窓を開けることが少ない、少ないというよりもほとんど開けません。

いつも密封空間といっても良い‥窓を開けないほうが清潔で上質な空気感になる

窓を開けない快適なホテルライクな暮らし、涼温な家ならば現実になる。

はじめは実験施設のような宿泊体感の試住でしたが、三年目ともなると宿泊客のコメントも整理がついて

住まいはこうあるべきだという自信が、確信に変わった。

しかも35坪位の大きさは究極の大きさではないか、大き過ぎず、小さ過ぎず

温度湿度のコントロールが体感ハウス⑴と比べ比較にならないほど楽だ

冷房のマイルド感も⑴と⑵では明らかに違う。

 窓を開けない静粛な空間はアレクサのミユージックが心地良い。

以下、宿泊されたお客様のコメント。只今建築中のお客様です

家中同じ温度だとどんなに便利だろうと考えさせられた。

今住んでいる家は夏や冬に行きたくない場所がある。

玄関を入った瞬間、爽やかだと感じた。かなり涼しいはずなのに

よくある"冷房効かせてます的"な過剰で不快な感じがなかった。

以上

 以下「いい家」が欲しい。改定版より抜粋

 涼温換気はエアコンの風が嫌いな人、空気に敏感な人、騒音・結露・湿気・花粉症

喘息・アレルギー疾患・冷え性・加齢臭・ペットの臭いなどに悩まされている人には打ってつけです。

高齢者や体の弱い人が快活になるとよく言われます。

その理由は中を歩きたくなる家だからだと思います。

家中が涼温房で、空気が気持ち良ければ家中を動きたくなります。

何事も思い立つや否やすぐに行動ができます。

行動の加速度が増すのです。言い換えますと、脳の働きが活性化するのだと思います。以上

 脳の働きが活性化
この家は脳が喜ぶ家です。毎日何回となく、 いいな ! いいな ! と声を出してしまう 』

といった証言もある。

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

      

 

記事一覧

1ページ (全130ページ中)

ページトップへ