社長ブログ

社長 自己紹介へ

家の良し悪しは‴空気感‴で決まる

以下、家に何を求めるか。本より抜粋

省エネ性を高めると

健康維持・増進に役立つから住宅の価値が増大すると結論付ける学者もいる。

それらを採用して自社の「ZEH」を正当化する造り手も目立つようになった

しかし、学者のレポートに目を通してみると、省エネで冷暖房の効きがいい

つまり、断熱効果が良くなるから快適であるとしているのであって

住み心地を左右する空気感』については何も触れられていない。

その人たちにとっては極めて不都合な真実

住み心地は、省エネルギー性能に比例して良くならない。ということだ。

住んでみると良くわかることは、住み心地を決めるのは空気感』なのである。以上

良い住み心地とは? 室内の空気が気持ちのいい‥!ということ。

●これからは空気のキレイさを競う時代

家の価値は住んでみて満足した‥ではなく
住んでみたら感動‴した。
1年住んでみて感動する家

心温まるメッセージ・新居に入っての失敗談

坂東市M様からのお便り

窓は、引越しの時に引き違い窓を開けただけで、その後はどの窓も一切空けていません。

センターダクト換気は床から天井に向かって確かな空気の流れ、気流があり

窓に結露を発生させない。ココ重要

 ●2019年柏市に『涼温な家』完成

完成後2年目に、ご連絡をいただいた。昨年末からは高齢の母も同居して

この家は快適だねぇ、と笑顔が溢れています

お施主様作成、ご自宅の模型

 

記事一覧

1ページ (全147ページ中)

ページトップへ