社長ブログ

社長 自己紹介へ

母親の笑顔を奪う家・アレルギー喘息患者の急増

厚労省が基本指針を発表、アレルギー疾患はこの10年ほどで急増しており

厚生労働省によると国民の2人に1人が罹病していると推計される。

このうち ぜんそく患者は800万人以上と推計されている。

アレルギー喘息患者の急増

「いい家」が欲しい。本より抜粋

ウワーッ、ステキ‥という契約の動機になった視覚的な部分は

一年もすると色あせて、もっと日常的な

それまで気づくことを忘れていたところが不満となって現れてくるのです。

これからの家造りにおいては、明確な健康阻害要因以上

「なんとなく」あんばいが悪い、使い勝手が悪い、掃除がしづらい、住みづらい、

というわがままとも 受け止められるような不満に注目することが大事です。

主婦がストレスに長年耐えると病気の引き金になります 。



アレルギーや喘息アトピーなどを併発して苦しむ人が急増しています。

その被害者は当然 のことながら 家に長くいる人、母親、子供

お年寄りに多くなります。

何よりも問題なのは、母親が日々の不快な温度、湿度、におい、騒音などを

我慢しあきらめてしまっていることです。

これからは空気を競う時代、換気の選択で失敗しないように

●今までの宿泊体感ハウスで一番快適でした。

宿泊感想 ハウスダスト等でくしゃみが止まらなくなる私は

旅館などに宿泊するときは常に薬を飲んでいたが

ここではくしゃみは出なかった。これは私のなかでとても嬉しかった。

空気に対しての重要性を再確認する、とても良い機会になりました。 以上

 

記事一覧

1ページ (全153ページ中)

ページトップへ