社長ブログ

簡単なようで簡単ではない、湿気を溜めない家

社長 自己紹介へ

外気湿度89%、ムシムシ梅雨

昨日は建設保険の担当者が数年ぶりに見えて、部屋にエアコンがないのに、風もなく爽やかで涼しい!

我が家はエアコンの室外機を10台置いている。工務店を多く知る担当者でも

ここまで進化した「家」の存在を知らず、初体験だったようだ。

体感ハウス(Ⅰ)の2階洋間から吹き抜けのテラスを見る。温度27℃湿度42%は快適。

爽やかな白樺林のクロス、近頃の壁クロスは種類も増えてインテリアを楽しめる

10数年前に那須の別荘地に建てた「K」様宅は壁クロスと同じ風景でしたね

当時は「涼温な家」ではなく自然通気工法SCの家。断熱気密に手を掛ける構造は今も変わらない。

お肌に良い環境が何千万かけても造れない

簡単なようで、簡単ではない。

冬季・湿気を溜められる家 夏季・梅雨時、湿気を溜めない家

断熱・気密と換気を疎かにし健康に良い環境は何千万円かけても造れません

多雨多湿の季節でも「最適湿度帯」を維持できる本格的換気。センターダクトのある家

以下、グラフは換気研修資料より 
関連記事★6年前、初めて見た…室温28~29℃で湿度50%東京の体感ハウスを見学したときは驚いた…!
湿度50% だけを造るのであればエアコンの「温度」を下げれば簡単にできるが
室温を下げるとエアコン特有の刺すような冷たさを感じる。換気と混合すると冷房⇒涼房になる。

一年間、最適湿度帯を維持する。

 

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

記事一覧

1ページ (全125ページ中)

ページトップへ