社長ブログ

社長 自己紹介へ

体感ハウスを宿泊して比較する。

大手ハウスメーカーの宿泊ハウスと、弊社の宿泊ハウスを比較されて

ここで進めます‥と言われた方が数組いらっしゃいます。

New宿泊ハウスは決して豪華でも何でもなく、むしろ価格を抑えようとした建物

壁の断熱材にしても標準仕様では50㎜ですが、試験的に30㎜と薄くしてみた。

壁断熱は30㎜でも充分だと聞いていたので、試してみただけなのだが

屋根断熱は80㎜としている。50㎜だと真夏の暑い日に断熱材に触れると熱が伝わってきます。

New体感ハウスは旧と比べ、冬の室温設定が2℃ほど低くて済む。

 断熱材は薄くても断熱の高気密性能と、窓からの熱損失が少なければ

省エネだということが解かります。弊社の自負するところは断熱材の隙間を徹底してなくす

外断熱の高気密は構造内部の結露を防ぐ防湿層

外断熱の高気密性能は最も確かな防湿層であり、薄い防水シートに内部結露を託してはならない!

◆構造の木材が内部結露で濡れると、シロアリ侵食が驚くほど速くなる

 

宿泊ハウス、他社との大きな違いは何といってもセンターダクト

えっこれがエアコン! 風を感じないマイルドな温熱にあります。

他に類をみないセンターダクト換気と、キレイな空気と温熱をチェックしてください。

 関連記事

●宿泊感想‥今までの宿泊体感ハ ウスで一番快適でした

薬を飲まずに済んだ‥これは私にとってありがたかった。

●良い意味で予想を裏切る結果に『感動

2月中旬の宿泊でしたが全く寒くなく、素敵なお家で感動しました。

次回は親を連れてぜひまた来たいです!!

 

間取り、設備やデザイン、インテリアがどんなに気に入ったとしても、

また、いかに省エネに優れているとしても、住み心地が悪かったら家づくりは失敗だ。

住んでみて、住み心地に感動』しない家づくりは失敗なのだ。

記事一覧

1ページ (全147ページ中)

ページトップへ