社長ブログ

「吉建」の構造材を整理してみると

2009/02/27(金) 一覧

吉建の構造材

奈良県吉野材(檜、杉)
奈良県吉野群川上村の産地材
川上村に2度訪問してます。
山は日が暮れるのが早い、夕方500頃になると山の影に入り急に暗く淋しくなります。気温も下がる、
山で働くことはきびしいだろうなぁ。第一印象です。

川上村紹介
秋田杉や木曽檜と並び日本の三大美林、
「吉野材の最大の特長は、芯が円心にあり曲がりが少なく、年輪巾が適度に細かく均一であること。 そして色つやが良く光沢にとんでいることです。 年輪巾が細かく均一であるというのは、そのまま強度が高いということにも繋がります。」

林業の厳しさは漁業、農業と一緒で採算がとれないことらしい。
1本の杉の木の価格は手間と運搬費だけ、「材料費はただ同然」だそうだ。
伐採した山の植林ができるか、ギリギリ状態。
産地で製材までの過程をみていると
こんな貴重な材木、もったいない、大事に使わないとバチがあたる。
一本の4寸柱が植林から製材まで70?80年、長年育てた手間を思うと国産材は安いでしょう。

無垢材のデメリット
木の乾燥収縮による反り、羽子板ボルトナットが緩む、
クレームが多い。軸組みの断面欠損が多い、など
それでも、無垢にこだわりたい、愛着がある。理屈はどうあれ集成材は嫌いだ、

やっぱり無垢がいい、気持ちは解ります。
TIP
工法を併用すれば無垢材の欠点を補ってあまりある。
吉野檜の板に包まれる構造躯体は粘り強さと強度アップばかりでなく、壁内の調湿効果や通気性、地震、台風も安心。
TIP
工法と無垢材、
TIP工法2008228日龍ヶ崎市 檜の無垢板に包まれる気分は森の中

もう一つ、問題点
柱の背割りをどうするか?「背割り」を入れるか、背割りなしか、4面背割りというのもある。
一長一短があります、吉野材は背割を入れないと水分が抜けない、それだけ目が詰まっているということです。八溝杉は背割りを入れなくても含水率が下がる。
地元の製材会社社長(松尾さん)の話
含水率を20%以下に下げろと言う、強制乾燥しないと売れないから下げるど、これ以上乾燥させたら木のために良くないな‥色も悪くなる。松尾さんは20%?24%前後の含水率で出荷してる
そこで、
「万代」は松尾さんのところから仕入れたものを、更に低温乾燥させ含水率を15%位まで下げて「吉建」の現場へ搬入する。(低温乾燥は木を傷めない)
松尾さんの乾燥設備は高温乾燥設備です。だけど木を良く知る松尾社長、本音は強制乾燥させたくない。木への愛情を感じます。

記事一覧|2009年2月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ