社長ブログ

感動のサービスへ社員研修

2009/08/30(日) 一覧

社会人として必要なことはみんなデズニーランドで学んだ


デズニーランドで学んだサービス(トステムBBM会、錦糸町本社にて)
社員6名参加
講師 加賀屋克美先生

お客様へのサービス、デズニーランドの徹底した社員教育に驚かされ、加賀屋先生の話に引き込まれた。
「モノ」の時代から「コト」の時代へ
何のために働くのか?使命感とは?
ゲストにハピネスを、大切なお客様に喜びを与えるのが使命感である。
マナーもルールも全てお客様のため。
ありがとうの感謝の気持ち、感動を提供するにはどうすればいいのか。
これからの家造りにたいへん参考になった。
デズニーランドのリピート率は98%、施設がどんなに良くても、いい商品でもリピーターは戻らない。思いやりある人のサービスがあってリピーターが増える。
マナーとルールそして安全と演出、どれが欠けてもダメで全て2重マルじゃないといけない。
若い社員にはいい勉強になったことだろう、
弊社はハードからソフトの充実をめざしている。
デズニーランドはベテランのクレームが多いと言っていた。
弊社もうなずける、慣れとマンネリによる説明不足。
これからの家造りは今までの5倍?10倍くらい、
十分な事前説明を必要としている、まさにインフォームドコンセントの時代だ。
ハウスメーカーにできない家造りの真実、感動の家造りとは?
「一棟一棟手をあわせお施主様の幸せを心から願う」
いま一度、
松井さんの言葉を思いだすよう、監督たちに伝えた…

今年の12月忘年会を兼ねて「協力業者研修」
加賀屋先生に講演お願いすることにする。
お問い合わせたところ、12月のスケジュールが開いるようなので
ほぼ決定。




記事一覧|2009年8月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ