社長ブログ

ネットゼロエネルギーハウスへの挑戦

2009/09/29(火) 一覧

カナダの政府住宅金融公社技術指導員であり、設計事務所も経営している伊藤氏の講演。
安心と安全を実現した住まい「ネットゼロエネルギーハウスへの挑戦
カナダと日本の共同研究による最先端の家造り、「ネットゼロエネルギーホーム札幌」「スーパーEハウス」が完成するまでの過程を紹介された。
地球は先祖から受け継いでいるのではなく、子供達から借りているもの。

地球を守り、子供達に引き継いでいく。
CO2排出による地球温暖化、深刻化する気候変動を消費者に伝えなけれなならない。
建物の外皮(ビルディングエンベロープ)の重要性、建物の外皮への投資はコストが高くても安い、建物外皮は設備投資として最重要です、コストは「総合価格」で考えなければなりません。
結果的に冷暖房費のコストを下げてCO2排出を抑えることができれる。

狂わない、長持ちする、省エネ、建物外皮は設備投資として最重要なのです。
 建築資材、製品は徹底的にメーカーの比較選定をする、価格優先ではダメ、
経営者は理不尽な考えをしてはいけません。
カナダのR2000住宅プログラムは今も続けられていて、
2030年までにネットゼロエネルギー基準を全ての新築住宅に適合させる。
カナダとその国の技術者、専門化の協力を得てゼロエネルギーハウスを世界各国に展開しています。
最先端の家、本物の家造りは日本人の緻密な技術力と
欧米の合理的な考え方、企画力、伝統あるデザイン、住宅販売の厳しさ、をミックスしないとできません。

アメリカ住宅視察の際、アメリカ在住の日本人設計士が同様のことを力説していた。
欧米のデザイン力と日本人の緻密な技術力をミックスすれば最先端の家が造れる。
伊藤氏の話を伺うと家造りの厳しさはカナダも日本も同じ。

甘い考えで地域ビルダーは生き残れません。


記事一覧|2009年9月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ