社長ブログ

太陽光発電の補助が活発

2010/07/30(金) 一覧

太陽光発電と新換気どちらを優先しますか?

2010 年太陽光発電の補助が活発です、イニシャルコストの回収 10 年といわれたが、地域によっては 7 年で回収可能。ソーラーローン 融資を利用すれば負担が軽く、まずは 早めに設置したほうが高熱費がおトク、月々の返済額と電気代軽減を比較すると負担はごくわずかです。なんといって CO2 削減で 環境にやさしい。

太陽光発電と新換気とどちらを優先しますか?
新換気は人の健康に影響するので換気を優先すべきですが、
太陽光発電は必ず設計プランに入れ 時代 になったのは確か

換気の目的は在室者に新鮮な空気を供給することである。

寝室に CO2 モニターを設置してみる、おそらく 2 時間もすれ 1000PPM を超え 、警告 ブザーが鳴ります。

夏の暑い日や冬の寒い日に窓を開けなくなった。 断熱 気密 のよい家に住み、窓を開け ないまるで 15 年前に たアメリカの暮らしです。今の住宅はどんな工法もそこそこ気密がとれてしまう。

ですから 24 時間換気システムが機能しないとどうなるか、換気不足はカビ 発生させ健康悪化の原因になります。

快適 な温度 のなかで忘れがちな空気質‥
いちど
CO2 モニターを寝室に置くことをお勧めします。
警告ブザーが鳴ったら入口のドアーかクローゼットの扉を開けてください、みるみる濃度が落ちてきます。

記事一覧|2010年7月

ページトップへ