社長ブログ

愛知県パナソニックエコシステム工場訪問

社長 自己紹介へ
2010/07/23(金) 一覧

 

パナソニックエコシステムズ工場見学。戸建用換気システムは確実に進化しつつあるようだ。

省エネで静音、コンパクトで大風量

1985年から回り続ける換気扇が展示されていた、25年間回っていることになる。

パナソニック全熱交換第一種換気は温度変換率70%湿度65% 、風だけで温度変換を体感できる部屋はわかりやすい。

携帯電話基地局などでもエアコンと併用し熱冷却をしているらしい。

 

案内してくれた担当者の丁寧な説明に感謝しつつも、フィルター清掃時に小さな虫が飛び散る質問をしたところ、明確な答えがなかった。

 

もしかして担当者は換気フィルターの清掃を日常的に経験していないかな?

おそらくロスガードの虫問題も知らないと思う。

 

新換気の本体はパナソニック製ですが、

センターシャフトを設けることにより熱交換効率85%とはるかに優れている。

補虫フィルター、中性フィルター、熱交換素子フィルター、これだけのフィルターで風量が落ちない装置が現状では他にあると思えない。

 

パナソニック標準品はフィルターBOXが小さ過ぎる印象だ。


「ナノイー発生機」これは良さそうです、

その担当者は毎年冬の過乾燥でノドが痛くなるのに、今は何とないと感動していた。

冬場の過乾燥が解決できればこれはすばらしいことなので、早速、体感ハウスに設置してみよう。

※検証した結果は?
意外に風量が強く
冷気を感じる。新換気の家とは相性が悪いとの結論。

記事一覧|2010年7月

ページトップへ