社長ブログ

ローコスト住宅

社長 自己紹介へ
2012/03/31(土) 一覧

コスト削減住宅について

散髪をしながらの世間話…(隣でタマホームが建築中)
どうしてタマホームのような家を建てるのかな??
「家のことをほとんどの人は良く知らないよ…ほんとは、
詳しい事は分からないから、適当なところで決めちゃうんだ、

「みのもんた」も宣伝してるし、そんなとこじゃないのか?
金をかければいい家が建つのは当たり前だしな…」


(注)金をかけてもいい家ができるわけでもありません…

一億円の豪邸だからと言って「住み心地」がいいわけではありません。

タマホームをはじめ弊社周辺ではローコスト系の住宅が多い。
坪単価を提示して、この仕様でこの価格、といった、販売方法だ。
コスト削減の基本は職人の手間を下げることです。
どこに落とし穴があるか…分かりそうで素人のお客様には全くわからない。
「安物買いの銭失い」にならないように…

 コスト削減の手法にアキュラシステムというのがあります。
工務店サポートシステムで大量販売向きに開発された管理手法だ。
ローコスト系の住宅はこのシステムに似たものが多い。
もし自分の息子が職人で、この仕組みのもとでやる、と言われたら絶対に反対だ。
職人としての誇りとエリート意識を持つのは難しい。
今の職人不足の原因がこういうところにあるかもしれない。
職人がやる気をおこさない限り「いい家」ができるはずないのだから、
コストを下げるシステムでなく、職人のモチベーションを高める仕組みにすべきなのだ。

坪単価のからくりを知らない人も多い、
坪単価を表示する床面積を全国標準化すべき、とか、不当表示、景品表示違反ではないか?と

いう声も多くなってはいるが…どうして規制しないのか?知らない知らされない家造りの真実
医療と家造りは良く似てるなと思っている。患者は素人だから信じるしかありません、
最新の医療技術を知らないドクターは、知ってる範囲でしか治療ができない、
救える患者も救うことができない、この差は大きいと言われてますよ‥
同じように、家の価値を知らない工務店は自信をもって誤った家を提供する。
家の根源的価値とは住み心地のいい家、暖かい家・結露カビの増殖がなく

湿度が気にならない家、
居室も床下も小屋裏、壁内も同じ環境でカビを発生させない家。

換気システムが正常に機能し換気回数を維持していること。

 

記事一覧|2012年3月

ページトップへ