社長ブログ

ハウスメーカーの打継ぎ基礎

社長 自己紹介へ

家の資料は膨大だなと思う。

基礎工事・断熱の方法・白蟻・換気の方法

どれもこれもタップリ時間がかかる。整理するのに終わりがない。

素人の人が正しい家造りを知ろうとしても、困難なことでしょうね。

大手メーカーに任せておけば安心…その気持ちもわかる気がします。

近くで一条工務店が施工をしている。



キレイに仕上がっていますが、どこが問題かお分かりですか?

基礎立ち上がりの打継ぎ部

雨の翌日は「打継ぎ部」に水が浸み込んでいつまでも濡れている。

完成時は土にかぶって見えなくなりますが

雨の日は打継部から湿気が侵入する。

打継ぎ部の接着用にエポキシ系コンクリートボンドがあるにはあるが

コンクリートボンドは簡単にシロアリに貫通されます。

打継ぎ部の湿気はシロアリが集まりコンクリートを侵食する」

基礎打ち継ぎ部を無くせ

基礎は一体打ち、一体成型でなければならなりません。

それにしても 周囲の建築現場は昔とかわらず

薄いシートに隙間だらけ中気密断熱の家。

省エネ住宅は段階的に引き上げられ2020年までに低炭素化住宅の義務化がスタートする。

記事一覧|2012年10月

ページトップへ