社長ブログ

PAC・エアコンのカビについて

社長 自己紹介へ

PAC・エアコンのカビについて

2013年1月 水戸のお客様からの質問。

エアコンにカビが発生したら換気で撒き散らされるのでは?

ii-ie.com事務局に問い合わせたところ

松井社長から以下の回答と、エアコン内部の写真を送っていただいた。

2012年7月から使いはじめております。

内部はとてもきれいです。

個別エアコンのようにオンオフが少なく

また冷房時には適宜送風モードになりますので、

冷媒部分が乾き、カビが発生しにくいかと思います。

要するに家庭用のエアコンよりかは衛生的です。

しかし、もちろんメンテナンスはとても大切です。

1年点検、3年点検で内部の確認をしましょう。

携帯を突っ込んで写真をとるか?内視鏡を使う手もあります。

排気(リターン)のもつ意味 

換気研修より

涼温換気が気持ちよく快適にあるためには「排気」が前提にある。

排気はセンターダクトからの空気の駆動力として大きな役割をもつ。

熱の移動がスムーズに行うには

センターダクトの位置と排気グリルの位置が問題なくできていること

⇒熱の移動がスムーズに行われる。空気の駆動力としての排気です。

新換気は排気が強い。給気・排気のバランスが悪いと駆動力を発揮できません。

記事一覧|2013年1月

ページトップへ