社長ブログ

2009年スタート

社長 自己紹介へ
2014/01/06(月) 一覧


明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします


16日快晴 本日から仕事始めです。

2009年、「いい家が欲しい」本が発売されて10年目
住む人の幸せを心から願うことができなければこの仕事に携わってはならない。

社員一同、今年はこの信条をもっともっと心に浸透させなければならない。

10年節目の年です。


弊社は「いい家をつくる会」発足から会員となり、会の方針に沿った家造りに専念、
おかげさまで社員も
14名に増え順調にここまできました。

感謝に堪えません。

「いい家をつくる会」は「造る会」ではなく、つくる会
どうして、つくる会なのでしょうか?

 


販売を目的とするハウスメーカーの家造りと注文住宅は全く異次元の行為です。

昨年末、指摘されるまで気付かなかった。

『本の精神に則った家造り』は奥が深い‥

 


「いい家が欲しい」本の冒頭に書かれています

これからの時代の家造りは、循環型社会に適応したものでなければなりません

そのためには造る側の都合を優先するのではなく、住む人の幸せを第一義とする家造りに転換すべきです。

トラブルを避けるためには事前に徹底的に話し合い「わがまま」と思えるようなことにも誠実に耳を傾け、
家族一人ひとりの感受性を確認し、四季の気候の変化に適合させ、
冷暖房の方法も最適なものを選び、換気方法も十分考慮しなければなりません。

一棟一棟を個別対応で、住む人の感受性の求めるところを確認しながら手造りしなければなりません。
そして引き渡した後から、こまめに住まい方のフォローを続けていくことが大事です。

 


・トラブルを避けるためには事前に徹底的に話し合い、「わがまま」と思えるようなことに誠実に耳を傾ける。

・引き渡した後から、こまめに住まい方のフォローを続ける


設計
2名の加入で顧客満足度アップ、住まい方のフォロー体制が整った。


お客様はもとより社員も協力業者も‥会社に携わる全ての人が幸福になる工務店。

今年も「住み心地」顧客満足度、地域ナンバーワンを目指し頑張ります。

記事一覧|2014年1月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ