社長ブログ

浮遊粉塵の漂う時間は‥

2014/04/29(火) 空気と換気

4月16日の研修資料を整理中ですが‥
資料を詳しく読み解くには、まだ時間がかかりそうだ。


主婦スタッフとのミーティングは
気づかされることが多いので、おおいに助かっている。
ほんの些細なことがヒントになって、大変重要なことに気付かされ
ます。

室内の浮遊粉じんについて
水戸店の西野さんが書いた「見えたら怖い空気掃除機の排気。

マツミハウジング作成の動画は衝撃的ですね、
ぜひこちらhttps://www.youtube.com/watch?v=kVtV4RO8jcg

ちなみに、排気のキレイな新しい掃除機は龍ヶ崎体感ハウスのものとおなじ。

こちらも 換気の役割が見える‥
https://www.youtube.com/watch?v=IDD5ohyF42M


室内浮遊塵でうっかり見逃している
怖い粉じんとは

ハウスダスト(ホコリ)
の中には
化学物質・PM2.5・細菌・ウイルスなど
さまざまな微小微粒塵が含まれる。

PM2.5は発がん物質です。

化学物質は肺の表面で溶けだし、
直接血液に入る。

ダニのフンやカビの胞子は綿ぼこりの1/100の大きさ、長時間漂います。
8時間浮遊するともいわれる。
ということは
眠りについてから朝まで、さまざまなハウスダストの空気を呼吸していることになる。

※涼温換気は「排気の力」が強く、室内の微小浮遊粉塵を30~50分でキレイにします。

得をするのは空気への投資、免疫力をアップする健康への投資、それは換気。
換気は大きな空気清浄機です
空気清浄機は人のいないとき空気をキレイにする埃集塵機とも言い、
どんな優れた空気清浄機も酸素の供給がありません。 



記事一覧|2014年4月

ページトップへ