社長ブログ

緻密な風量計算はどこもできない

社長 自己紹介へ
2014/09/29(月) 空気と換気

覚えているでしょうか…

シャープの掃除機プラズマクラスターに景品表示法違反 

平成24年11月28日

シャープ株式会社に対する景品表示法に基づく措置命令について

消費者庁は、本日、シャープ株式会社(以下「シャープ」という。)に対し

景品表示法第6条の規定に基づき、措置命令(別添参照)を行いました。

シャープが供給する「プラズマクラスター」と称するイオン(以下「イオン」とい

う。)を放出する機器を搭載した電気掃除機に係る表示について、景品表示法に違反

する行為(同法第4条第1項第1号(優良誤認)に該当)が認められました。

イオンが空気を浄化、その性能がなかったとして再発防止を命じる方針を固めた。

というもの。

どうしてあの大手のシャープが…と一時話題になったのですが

食品偽造と違っていつの間にか忘れられます。

しかし住まいの最重要課題である「換気」は今だに怪しげなものが多いのです。

一条工務店のロスガード90は90%の熱交換率、世界一と書かれていた。

住宅ジャーナリスト鵜野氏のHPでは

・ロスガード90の細いダクトから出る騒音に我慢が出来ない。

・ロスガード90の夏の除湿の無さに対する不満。

カナダでは除湿効果のない全熱交は使用してはならないとされている。

〝除湿効果が無い”というのは換気が正常じゃないということです。

除湿効果がないとは=換気の風量不足

大手メーカーは厄介なダクト工事「ダクティング」に踏み込めず

ダクト内の空気抵抗問題が″未解決"にも拘らず

なのに、世界一の熱交換率だとか

医師の97%が評価したキレイな空気…?とか

換気は完成後の風量測定を義務化し、国・役所が指導すべきなのです。

室内の埃はカビ菌ウイルスなど驚くばかり、

健康にとんでもない悪さをしているというのに‥…

涼温換気のような緻密な風量計算はまだどこにもできないそうですよ。

家には純然たる換気、絶対的な風量が必要であり

冷暖換気空気の動力は排気の確実性と給気と排気のバランスにあります。

「涼温な家」の快適さは科学的な理論と緻密な風量計算による。

以下参考まで

空気の流れを観察するシュミレーション手法。

コンピューターの性能向上とともに発展し住宅でも活用されるようになってきた。

涼温な家と普通の空調のシュミレーション比較。

記事一覧|2014年9月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ