社長ブログ

湿度50%の維持はお肌の環境つくり

社長 自己紹介へ
2014/11/30(日) 気密と断熱

第一種熱交換換気による湿気回収熱回収

冬季の熱交換換気の経済性は、温度交換よりもむしろ湿気交換にある。

必要加湿量:室内湿度を考えることの必要性!!

蒸発潜熱と湿気回収:水1㌔=1000mlの蒸発と20℃の水蒸気

難しい研修資料を整理するには時間がかかるな……

それでもたりない″湿気″ 

加湿はただやみくもにし続けれ良いというものではなく、最適湿度を維持することが大切

かなりハードルの高い湿度50%の維持ですが

冬季湿度50%を維持するのは、お肌の環境つくりとインフルエンザ予防

基本は建物の保湿性能ですよ、、、

高気密高断熱の家がじつは中気密だった、立ち直れません。

こうなってからでは遅い、あとから気付いても遅いのです。

以下は大手メーカーのカタログ、断熱材の厚みだけに目を奪われることなく「気密」をチェック

建物の保湿性能を高めるには断熱の「気密」に手間をかけるしかありません。

湿度50%でウイルス生存率が急速に低下する。

記事一覧|2014年11月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ