社長ブログ

南アルプスのような空気…②

社長 自己紹介へ

南アルプスのようなキレイな空気!というテレビCMがあるそうです。

こういうCM が一番嫌いですね…

キレイな空気はどこもできそうで、できていない。なぜだと思いますか?

キレイな空気をつくるのは機械換気‥換気システムですが

機械換気は大手ハウスメーカーもどこもレベルが低い「はるかに低い‥」とは

換気研修での話…

キレイな空気であるならば「保障」されなければなりません。

弊社は換気に取り組んで20数年間、その間に換気システム5台を比較してきた。

換気先進国だというカナダ製の熱交換換気も4年間使用してみた。

どれもこれも換気メーカーの製品はフィルターBOXが小さく、換気本体が凄く汚れる。

ゆとりある大きなフィルターBOXとクリーンな換気本体は初めての体験だったので、

感激ものでしたね

弊社ではフィルターを4枚使用していますが、3枚目の薄いフィルターでさえ一か月で汚れる。

4枚目の熱交換素子のフィルターになってようやく汚れが少なくなる。

キレイな空気は難問なのです。下の写真が「最後の砦」4枚目のフィルター

 

そして、換気メーカーの換気はどれもメンテナンスが長続きできませんね‥

体感ハウスの女性スタッフの自宅は、築7年目

大手ハウスメーカーと同じ第一種換気を付けたそうですが

今ではフィルターの掃除ができずに放置され、フィルターが黒い埃の層になっている。

なぜ、南アルプスのような空気と言いきってしまうのか?

換気知識のない人を騙すのは赤子の手をねじるようなもの‥

やがて9割以上の確率で換気フィルターは放置され。名ばかり換気となる。

これは日本だけに限らずヨーロッパでもそうらしい。

【フィルター清掃への困難なアクセスと呼ぶそうです。】

涼温換気システムをヨーロッパの換気メーカーでプレゼンテーションした結果

アクセスの容易性」が絶賛されたらしい…

空気がキレイかどうかをチェックするには

空気の吹き出し口(給気口)に真っ白なハンカチを当ててみること。

1~2週間後ハンカチは必ず灰色に汚れます。間違いなく‥!

そして換気フィルターの「隙間」からすり抜ける外気を知ってください。

フィルターは空気抵抗があるので隙間からすり抜ける空気は意外に多い。

その小さな隙間は換気メーカーの大きなネックとなっている。

 

もしも涼温換気に緑色の小さなゴムがなかったら?

換気メーカーでもできない袋フィルター

極端に抵抗のない「センターダクト」があればこそなのです。

センターダクト内部は4年間経過しても全く汚れていなかった。

キレイな空気を見分けるもう一点は部屋の「臭い」

換気は臭い‥!

部屋の臭いが気にならない‥臭いは空気の綺麗さを見分けるバロメーターです。

 

 

 

【 龍ヶ崎宿泊体感ハウス】 茨城県龍ヶ崎市白羽2-24-9  ?0297-62-3634

 

* イベント予告ページはコチラへ
* 「ただいま建築中」ページはコチラヘ
* 「住み心地証言集」ページはコチラへ
* 「住み心地体感ハウス」ページはコチラへ  (※宿泊体験お申込みも受付中!)

 

 

 《SNSもよろしくお願い致します》                     

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

記事一覧|2016年8月

ページトップへ