社長ブログ

社長 自己紹介へ

なぜ家造りに「失敗」するのか?その原因は‥

「なぜ90%の人が家造りに失敗するのか?」市村博著 という本があります。

本には「ハウスメーカーの言うがままに建てて満足することは稀です。」と書かれている。

 大手ハウスメーカーだから良くやってくれるハズという思い込みだけは‥くれぐれも注意

立派な造りでオシャレな家具、そしてスーツを着た紳士的な営業マン

それだけでこの家は素敵かもって、思えてくる。という不思議‥

家造りに携わってこの道40年、失敗の原因は良~く解る。

その理由はなんだろうか?それは多くの人が断熱の方法に無知、無関心さにあると思う。

以下【関連記事】

●高気密高断熱の家が、中気密高断熱の家だった、

残念で残念で立ち直れません。

大手ハウスメーカーで建てた豪邸なのに、思ったほど暖かくない…

床暖房の設定温度が27℃なのに22℃にしかならない、私は寒いの‥!

木は断熱材ではありません。木から漏れる熱を熱橋という

●家の性能は寝る前に暖房を止めて朝何度?

18℃それとも5℃、  新築まもないのに5℃の家がザラにある。

長期優良住宅に断熱材の現場検査がありません

この業界は断熱材の気密不良が多く、家造り失敗の原因の多くは断熱材の気密不良」と言える

ぶっちゃけた話吉建さんが一番‥弊社の気密性能

高気密とキレイな空気=換気は一対のものです。

●設計士の盲点は換気!

換気は設計士にとっては全く分野外、畑違いの分野

住宅の設計士は意匠設計士とも呼ばれ、換気の基礎教育を受けていません。

●湿気を侵入させない防湿基礎。

「防湿基礎」の重要さを知らない人が多い

●結露対策なしの屋根

それなのに一軒も結露被害ありません「大丈夫‥です」と言いきってしまう。

●白蟻裁判の悲劇

シロアリ学者の主張はまちまちで、薬剤を使用しないシロアリ防蟻が完璧にできる業者は少数。

●住み心地の「いい家」と悪い家、低価格の罠

●鉄骨系プレハブの熱伝導

 

 

《SNSもよろしくお願い致します》                    

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

LINE@を登録すると、見学会やイベントの案内、家づくりのお役立ち情報などを無料でお届けします♪LINEからご質問・お申込みもカンタン♪

 友だち追加 

  

 

記事一覧|2017年3月

ページトップへ