社長ブログ

10年後屋根を開けると9割超が劣化。では壁内は?

社長 自己紹介へ
2017/12/31(日) 気密と断熱住宅の問題

屋根を開けると「9割超が劣化」と言われつつも

弊社周辺の建物は大手を含め、着工中の現場の多くは屋根下地の腐食対策なに見える。

それはお客様が「安い価格」を望むからなのでしょうが…上の写真は築7年の住宅。

私が築2年の屋根下地の腐食を目にしたのは建築を始めた現場監督見習いの頃

もう35年も前、屋根下とはこんなにも脆いのかとショックを受けたものです。

10年も過ぎると屋根はブカブカだよ‥とは屋根リフォームの多い赤沢大工さん。

屋根下地の上に断熱材を載せて、通気層を設ければ屋根腐食を簡単に防げます。

屋根下地の下ではありません。屋根下地の上、屋根下断熱を「天井断熱」と呼ぶ

天井断熱と屋根断熱の大きな違いを知ってください。天井断熱で屋根腐食を防ぐことはできません。

天井裏の断熱は、吹き付け断熱材ですら合板の接点に結露とカビが発生する。

この意味お解りでしょうか?暖かな暮らしが普通になったいま自然通気だけで屋根腐食は防げません。

伝統の木造住宅は屋根をできるだけスカスカにした。

瓦にしても瓦の下は雨に濡れても自然通気で乾くように造られている。

屋根を見ると屋根の下が想像できます。 

屋根だけでなく壁の中は? 下の写真は日経ホームビルダーより

それでも壁内の結露は断熱材の隙間」が幸いし、屋根ほどの被害はないと言われている。

しかし2020年以後断熱が強化される。そのため「省エネ研修」が各地で行われているが問題はその中身…

受講した現場監督や大工さんたちは

そんな施工どこもやっていない、やれないできっこないよ

できっこない充填断熱(内断熱)の気密施工マニアル。どう思いますか?

外断熱の気密施工さえすれば、例え、壁のなかに断熱材をギュウギュウに押し込んだとしても

結露を防げます。外断熱+充填断熱をダブル断熱と言う

関東地区は外断熱だけで付加断熱なしでいいと思う…ここは経営者の本音。

ちなみに2016年完成New体感ハウスの壁は30㍉断熱材 屋根断熱は80㍉

壁のなかがスカスカであれば湿気が侵入しても結露を防げます。

外断熱の隙間をなくすには簡易的な方法がありません。

写真のように木枠の中にの中に断熱材を押し込んでも高気密にはなりません。

大工さんが気密テープでセッセと手を掛けるしかありません。

 

LINE@始めました♪ 

見学会やイベントの案内、家づくりのお役立ち情報などをお届けします

「涼温な家」にお住いのお客様には春夏秋冬のエアコン操作や節電方法

様々な情報をタイムリーにお送り致します

お友だち登録はこちらから↓

 友だち追加 

LINEからご質問・お申し込みもOK♪( ´▽`)

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪        

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

記事一覧|2017年12月

ページトップへ