社長ブログ

24時間換気システムの‷おびただしい虫‴

社長 自己紹介へ

機械換気の虫問題(Ⅱ)


フィルター』のメンテナンス‥大丈夫ですか?

換気フィルタ―が一年間放置されると以下のように‥見たくもないフィルターですが、

目を背けないでください。放置される換気フィルターが圧倒的に多いのですから‥

おびただしい虫」まるで地獄絵図… 

『換気フィルターのフタを開けたとたん、生きた小バエが飛びだし

大量の虫の死骸にショック。担当営業のいいわけに、私の心(それは違うやろっ!!空気読め‥!

以上  は6年ほど前にネットで見つけた記事。

エアコンフィルターのメンテナンスは?      エアコンのカビ・雑菌大丈夫ですか。

エアコン内部は湿気が高く、埃が付着するとカビや雑菌が多くなります。

部屋にあるエアコンの風がタバコより害があるとしたら、

 

もう寝室でエアコンを使用する時代ではない。まさかと思うでしょうが家造りは進化しています。

加湿器や空気清浄機のフィルターは大丈夫ですか? 

加湿器は①に清掃、②に清掃、③に給水。思い当たる方は多いでしょう。

関連記事
●住宅展示場に行く前に知るべきは‥窓を開けない暮らしと、窓を開けざるを得ない暮らし

これからは窓を開けない暮らし方が普通になる‥としたら大きな『Fix窓』がお勧め。

●見えたら怖い空気、古い掃除機や安い掃除機は使用禁止です、掃除機からの排気にご注意

ほとんどの掃除機が微小粉塵を撒き散らし気管支喘息、アトピー、アレルギー鼻炎の要因。

●家屋の最重要課題、それは換気、人の肺を空気清浄機としないでください。

●この先予想されるフィルタ―の維持管理と汚染フィルターと健康問題。

●個別エアコンの風はタバコ以上に害がある‥?

個別エアコン数台とパッケージエアコン一台と家の価格

外気温5℃の寒い日でも窓を開ける理由は換気の悪い家結露対策だった。

●本当の省エネ住宅とは、小さなエアコン一台で全室冷暖房できる家。

建物は機能的品質、住み心地は情緒的品質、機能と情緒が融合するとプレミアム品質になる。

●出てみてわかった…6月に結婚した娘が、「やっぱりうちは温かいね」と言っています。
出てみて分かることがたくさんあるようでした。

●イギリスの換気事情と空気汚染は日本と良く似ている。本格的な機械換気は啓蒙活動
本格的で正しい換気の普及となるとイギリス10%、ドイツ30%

住宅の省エネルギー性能が高まりとともに換気トラブルが増えています。
24時間換気の担う役割が大きくなってきた簡易なプロペラファンでは済まなくなっている。

開けた瞬間、頭にホコリがモアーッとキャッ-キャ黒い埃の層でした。天井にある換気装置。

●換気を疎かにするといかに主婦が苦しむ‥本格的な換気はいかに主婦がハッピーにするか、
無垢材、シックイ、珪藻土、自然素材は『換気』に役だちません。

フィルター清掃に無関心な造り手に家造りを依頼してはなりません。この意味お解りでしょうか? 

 換気とは空気抵抗との戦いである。換気の権威ある「石井氏」が指摘するように

大手の家造りへの取り組みのまずさが、24時間換気の欠陥をいまだ解決できないでいる。

戸建てはビル空調と大違いで、想像する以上に壁内や天井裏は狭い

ダクトを使用しないノンダクト換気もありますが、ダクトレス換気はワンルーム用。
ピューピューという音が気になる。

これしかないな‥!とセンターダクトを高く評価されたのは
原子力研究所のお客様であることを是非知って頂きたい‥!

【関連記事】

●センターダクト換気、最大の特徴は換気経路の短さにある。

空気自体に粘りがあり、空気の熱を運ぶには非常に大きな風量が必要になる「空気熱は消える魔球」

●気密の良い家に換気ファンが負ける?ノンダクト換気はワンルーム用

●安普請の家が増えている。いい家を望むのであれば床下に徹底的にこだわる。

●涼温な家と一般的な家と違いについてNO14 床下 

涼温な家と一般的な家の違い‥それは湿度 NO24

安普請の家が増えている②建物性能は見た目ではわかりません

●センターダクト換気は温熱環境と深く関係する。

●住み心地『体感ハウス』はコチラ

2018年「日経ホームビルダー」換気トラブル特集

臭い混合防止の原則は『絶対的な風量』にある。

フィルタ―は家のマスク。

「涼温換気」をヨーロッパの換気メーカーでプレゼンテーションした結果。

フィルター清掃への容易性が絶賛された。 フィルター清掃の容易性を重視する環境先進国に学ぶ

ダクト内は汚れずとも、吹き出す空気が汚れていることをメーカーの担当者が知らないハズがありません。

試しに空気の吹き出し口(給気口)に真っ白なハンカチを付けてみてください。

放置したら一年間で下の写真のように真っ黒に汚れる。

これは換気メーカーの標準品で第一種換気システム。2014年(お客様提供)

記事一覧|2018年11月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ