社長ブログ

ホテルライクな暮らしが現実になる

社長 自己紹介へ

ホテルライクな暮らしはインテリアデザインだけでは完成しません。

高級ホテルの空気は汚染空気が混合しないよう明確に分離され清浄空気に処理される。

そこでは、「涼温な家」と同じように発生した汚染はその場で排気され

他の空間に流れ込むことは原則的にない。空気がデザインされていると言ってよい。

以上、換気研修より

室内空気の良し悪し、換気の良し悪しは『臭い』で判断できます。

一般住宅の換気が一時間に0.5回に対し、高級ホテルの換気は一時間に1.0回ともいわれます。

『涼温な家』はエアコンと換気の風がドッキングすると風量は6~7倍upし

換気回数が1.0回/h以上でも、目に見えず、風量を肌に感じず、速やかに汚染空気を排出できる

今までにない画期的な換気システム。ホテルライクな暮らしを現実にします

以下、5年前の『換気研修』ですが、とにかく戸建住宅の換気は奥深く難しく厄介なのです。

「涼温な家」は発生した空気汚染はその場で排気され、他の空間に流れ込むことは原則的にない。

つまり、汚染空気は混合されずにそのまま清浄処理される。

記事一覧|2019年3月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ