社長ブログ

『涼温な家』のデメリットとは難しいこと?(Ⅱ)

社長 自己紹介へ

「涼温な家」のデメリットは難しいことですね…お客様から指摘されたことがあった。

原子力研究所のお客様からはセンターダクトの価値を100人に1人、いえ200人に一人も理解できないのでは?

弊社女性スタッフに言わせると、ゼンゼン難しくない、小学生でも解る。

一直線で太いセンターダクトを見れば誰でもわかる。というのだが、そうでしょうか?

難しいと思いこみ、私がついヘタな説明をしてしまう。ココは毎度毎度の反省点。

弊社は「いい家」が欲しい。本に書かれている内容に責任を負っている。

「いい家」が欲しい。新改訂版

最新最善な「いい家」をお造りいたします。快適な住み心地を保障」致します

これだけで充分かもしれません。「涼温な家」にお住まいの人は社会的地位の高い方が多い。

日本でも10指に入るという実業家が「涼温な家」に住み、住み心地の良さを絶賛されている

他にも社会的地位の高い多くの方がこの本に共感し、

ストレスを感じない快適な住み心地と健康増進を称賛されている。

★その実業家は仕組みがシンプルでいい、合理的でわかりやすい。それが本物だ…

室内空気汚染とシックハウス症候群

スウェーデンのように子供の低学年や企業の新人研修で室内空気汚染と換気を教えるシステムが日本にもあれば、

イラストを見ただけでセンターダクトを理解できるかもしれません。以下のイラストは「住宅と健康」翻訳本よ

【関連記事】以下「いい家」が欲しい。より

●換気装置があるために、住人が汚染された空気を吸うことになってしまう!

換気装置のメンテナンスが家族の負担となり、
喘息、アトピーなどを併発する人が急増

母親の笑顔を奪う家、主婦がストレスに長年耐えると病気の引き金になります 。

アレルギーや喘息、アトピーなどを併発して苦しむ人が急増しています。以上

 体感ハウス、今年になって初めて咲いたバラの花。

記事一覧|2019年5月

1ページ (全4ページ中)

ページトップへ