社長ブログ

24時間換気「ソレ」で大丈夫?Ⅱ

社長 自己紹介へ
2019/06/30(日) 空気と換気

雨が続きますね カナダでは除湿力のない熱交換換気は使用禁止!だそうで

第三種換気装置は雨の日の「湿気」を室内にとりこんでしまう

 どこで見たのか忘れましたが、換気について以下のようなネット記事があった。

換気業界は熱交換換気のダクト内の清掃問題を挙げ

熱交換換気を不衛生あつかいするホームページがあります。

何故、外国で実績のあるものを否定するのでしょうか。

外国の状況を見て国内でも性能の良い換気装置や

メンテナンスの楽な製品開発を目指してほしいものです

ダクト清掃についても、換気メーカーが対処方法やメンテナンスを積極的に指導すべきです。

省エネや室内気候の安定、衛生面からも普及を諭すべきで、これからの時代背景から、

第一種換気システム(熱交換タイプ)は不可欠です。売りやすく、販売しやすい比較的価格の安い、

第3種換気装置を美化するホームページには、不快感を覚えます。

以上

センターダクトはクイックルワイパーで内部の清掃ができ、10年に一度の清掃が目安

【関連記事】ミーティングのテーマは小屋裏エアコンをなくし、ダクト工事の習熟
期待したほど暖かくない、涼しくないは、ダクティングで必ず改善できます
思ったほど暖かくない、涼しくないという不満に対処するには科学的な知識と風量測定の技術

『改善方法についての経験』が絶対に必要である。

 

換気には【高気密】が重要

 

        高気密な建物

 

 

   中気密・小気密な家

 


 

吸気口→排気口の流れにより染物質を排出 

排気口近くの壁の隙間から外気が侵入。吸気口から吸引されない。

汚染物質をキレイに排出 汚染物質が部屋中央に残ってしまう。

 

記事一覧|2019年6月

1ページ (全4ページ中)

ページトップへ