社長ブログ

自然通気から人為的通気と清浄空気

社長 自己紹介へ

本日はつくば市からお客様がみえた。つくば研究学園都市の近くで100年前に建てた古民家にお住いで

100年前の自然通気の家と「涼温な家」を比較すると逆転の発想による家造りになる‥とはお客様

 「涼温な家」は寝たきりにならない健康寿命への投資。寝たきりは監獄よりも辛い‥

寝たきりにならなければ5000万得した気分!といいます。

 誰にでもやがてくる老後。  臭い家 嫁にも 孫にも嫌われるシルバー川柳より

臭い家にならないためには大容量の換気、威力ある換気、大風量は必然となる。

100年前には考えれなかった高気密とセンターダクト換気ですね。

ご主人は「いい家」が欲しい。2冊の本をお読みになり、本の内容をよくご存じだった。

但し、古民家を解体するには決断がいるでしょうね…

以下、逆転の発想「換気研修」から

涼温換気は、排気を汚染源の近くに設置して、汚染空気が拡散しないことを特徴とする。

そこでは汚染空気は他の空間の空気と混合されずにその場で処理される。

その為に給気は家の中央付近に供給され、給気口と排気の距離は短く、

供給される新鮮な空気は複数の汚染源を通らないように計画される。


発生した汚染はその場で排気され、他の空間に流れ込むことは原則的にない。

汚染空気は混合されずに汚染の特性を維持したまま清浄処理されることになる。以上

 

記事一覧|2019年6月

1ページ (全4ページ中)

ページトップへ