社長ブログ

きれいな空気を『保証』してくれますか

社長 自己紹介へ
2019/07/23(火) 空気と換気

夏休みがスタートしても梅雨が明けない、異例な気象ですね

 雨が多いせいか、体感ハウスでは草花の成長が早くバラが再び咲いてきた

 

 涼温な家の最大の特徴と言える室内空気ですが、キレイな空気を保証できるか否か?

キレイな空気=換気 まずは本格的換気と簡易型換気の違いを知るべきでしょうね。

本格的換気となるとイギリスで10%ほど、ドイツ30%の普及率だそうで

 【関連記事】イギリスの換気事情は日本と似ている。

換気を極めるイギリス訪問記 コチラ参照。

イギリスの換気メーカーの経営者は
『これほど、健康にかかわる重要なことなのに
人は空気と水と住むところがあれば生きられるが
こと空気に関しては重要に考えていない。

換気は窓開けで十分で、機械に頼るなんてと批判的だったお客様も、
実際に使った暮らしを体験するとその良さを感謝してくれるようになる。
普及させるには、情熱を燃やし続けるのが一番だ。』以上

 以下、さらに「いい家」を求めて。より

人間が、気持ちよいと感じる根源は空気にあるとつくづく思う。

これから建てる家は長期優良住宅の認定を受け

瑕疵担保保険の適用を受けるわけだから

特別に望まなくても地震や風水害、突風などの自然災害に強く

長持ちすることは間違いない。

しかし、いつまでもきれいな空気を安心して吸える家であるとは限らない。

 なぜなら国と造り手のほとんどが「換気」に関心を持っていないからだ。

換気は難しくて厄介だ。

だから法律に適合さえしていればいいいではないかと考えているのだ。

そのような考え方でつくられた家に住んだのでは大損をする。

住み心地の悪さは仕方がないとして、健康被害は我慢することではない。

あなたは依頼先にこう問うべきである。

きれいな空気を24時間保障してくれますか? 

その保障に納得が得られないでは、家造りをスタートするべきではない。以上

【関連記事】空気のきれいな家「ホコリ」問題が解決しない理由

記事一覧|2019年7月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ